臨月のお腹を抱え、年下のドイツ人の夫と4人の子供と、スーツケース12個でブラジル・サンパウロに移住!  モデルの日登美さんが日本の真裏で奮闘した1年を綴る、笑いと涙のエッセイ『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』(幻冬舎)が3/11(水)に発売になりました。
 そこで、刊行を記念して幻冬舎Plus限定のブラジル移住記・特別編を公開しちゃいます。ご紹介するのはもちろん、おいしそ~うなブラジルでの料理たち! 材料は、日本に売っている身近なものを使用するので、珍しいスパイスも不思議な野菜も使わないのでご安心を。
 日登美さんならではのスペシャルなブラジル料理、ぜひ挑戦してみてください。

★★★

 ブラジルではお肉や乳製品等の動物性タンパク質が食事の大半を占めているせいか、酵素の多いフルーツや生野菜がよく食べられています。中でも酵素が多いといわれるパパイヤは朝食やランチ等、色んな場面で見かけます。我が家にもパパイヤの木があったのですが、これが一度実りだすとどうにも止まらないほど次々なるので、あの手この手で食べておりました。
 パパイヤは熟れるのを待たずに青いまま収穫し、皮をむいてスライサーで千切りにして水にさらすと、なんと癖も無く大根のつまのような味わい。しかも熟れる前のほうが酵素が多いのだそうで、これは青いうちに食べない手はありません。
 日本ではなじみの少ない青パパイヤですが、アジアの南国では結構ポピュラーらしく、エスニックなソムタムというサラダにしてみました。といってもここはブラジル。ある物で適当に作ります。
 グレイダーやスライサーで千切りにした青パパイヤを水にさらしてから水気を切っておいて、人参も千切りに、ビーフン(なくてもいいです)はさっと茹でて刻んでおきます。ドレッシングはすり鉢にすりおろしたにんにく、千切りしょうが、プチトマト、砂糖、ライムジュース、醤油(若しくはナンプラー)唐辛子を入れてごりごり当たり、最後に刻んだパクチーを加えます。あとは塩で味を調えて少し味は濃い目にしておくのがポイント。材料を合わせた時にちょうど良い味になります。最後に野菜とビーフンをドレッシングで和えてからパクチーをあしらって完成。
 日本ではパパイヤを瑞々しい大根で代用してはいかがでしょう? 大根は特にマクロビオティックではお魚を消化する効果があると言われているので、お魚料理の多い日本食にぴったりだと思いますよ。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

日登美『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』

→電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)