毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.03.26

第3回

鈴木さんは真のプロ。こんなに信頼できる人はいない

関根 永渚至

鈴木さんは真のプロ。こんなに信頼できる人はいない


◆「現場のルポライターであり続けること」が何より重要

――関根さんは日本で一番鈴木大介さんと一緒にいる時間が長い編集者だと思うんですが、関根さんから見て鈴木さんってどんな方ですか。第1回では無尽蔵にネタがあるとおっしゃいましたが、今でも取材して常に補充してるんですよね。

関根 補充されてますね。とにかく鈴木さんがおっしゃっているのは、自分は現場のルポライターとして一生食べていくのが非常に重要なことだと思っていると。だから、いくら本が売れたとしても、先生と呼ばれるような存在には絶対なりたくない。講演やメディア出演などが主流になってしまうと、それだけで忙しくなって取材ができなくなってしまうという恐怖心もあるようです。今もストーリー制作をやっていてお忙しいのですが、週に数本は必ず取材の時間を捻出されています。

――漫画だけでも相当な仕事量ですよね。

鈴木大介さんの最新刊『老人喰い-高齢者を狙う詐欺の正体』(ちくま新書)

関根 はい。収入的にも成り立つとおっしゃっていました。もう一本原作をやるなどして、漫画の仕事だけで食べていくことはできるし、それは一番楽だけど、同時にそれは自分が一番恐れていることでもあると。

――そのへんがものすごくストイックというか、ルポライターのなかでも強烈に異彩を放っていると思います。

関根 そうですね。私もそう感じます。

 

★がついた記事は無料会員限定

プレゼント情報

幻冬舎plusの無料会員様の中から、抽選で単行本『ギャングース』1~7巻セット3名様にプレゼント!下のボタンから奮ってご応募ください。
応募締切:4月16日(木)23:59

※まだ無料会員でない方も、こちらから会員登録していただくと、今すぐプレゼントにご応募いただけます!

関連書籍

鈴木大介『最貧困女子』

→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


肥谷圭介×鈴木大介『ギャングース』第5巻(講談社)
→書籍の購入はこちら(Amazon)


肥谷圭介×鈴木大介『ギャングース』第6巻(講談社)
→書籍の購入はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 「もう、冒険者やめたほうがいいんじゃないですか?」
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
全商品ポイント50%還元中<電本フェス>
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!