毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.03.23

第2回

ケンカすればするほど、よいものができる

関根 永渚至

ケンカすればするほど、よいものができる

◆打合せでは誰かが怒って出ていくことも

――前回、『ギャングース』のおおまかな骨格は、連載が始まる前に固めておいたとうかがいました。そうだとしても、連載がスタートしたら、入稿(印刷所に原稿を渡すこと)は毎週、毎週やってきますよね。1回ごとのお話は、どういう流れでできるんですか。

関根 週1回、だいたい昼の1時ごろから集まり、夜まで長時間の打合せをして話を決めます。

――たとえば今週だと、何週先の打合せを? そんなにストックってできないですよね。

写真を拡大
『ギャングース』完成への道その1-プロット(あらすじ)からネーム(下書き)へ

関根 打合せは本当にもうギリギリですね。読者の皆さんが読んでくださる2週間前に話をつくって、1週間前ぐらいに原稿が完成するという、ギリギリで回している感じです。

――私たち、そんなに鮮度ピチピチなものを読んでいたんだ(笑)。

関根 ピチピチでもありますし、何というか、過ちもいっぱい起き得る、みたいな緊張感は常にあります。

――『モーニング』は毎週木曜日発売ですが、校了(すべての編集作業の完了)は何曜日ですか。

関根 校了は基本的に発売日の2週前ですけど、そんなに理想的に行かないので、たいてい4日くらい遅れて、その前の週の月曜日とかになるんです。だから話を考える作業はちょうど発売日の2週間前ぐらいになります。

――毎週そんな綱渡りを続けるのは苛酷ですね。

関根 週刊連載の作家さんはみなさん「超人」です。休みがなくて常にフルスロットルの生活を強いられる。実際、そんなことができるのは、才能と気力と体力を兼ね備えた限られた人だけです。

――打合せでは、おおよその下敷きとなるようなアイディアがあって、そのうえで細かいところを詰めていくんですか。

関根 下敷きとまではいきませんが、全体の流れはあるので、それは意識しています。まず昼の1時に集まって、それぞれが次の話について、「こんな展開にしたらどうか」とか、「こうしたい」と言い合います。作画の時間を確保するためにも、打合せはなんとか1日で収めたいので、「ここだ」という線を固めていく。

 週刊連載では、ある程度ストーリー展開に型があります。最初に読者の心をつかむような出来事が起きる「つかみ」、そこから一番盛り上がる「山場」に展開して、次週に興味を引っ張る「引き」というようにリズムが決まっている。そのなかで今回何ができるかというところが一つ。あとはこの回で何がやりたいかというか、どういうふうに持っていきたいかを決める。それが打合せのメインです。

 そこでケンカになることも多いですね。鈴木さんは本当の、生のネタを見ているし、取材した方たちの壮絶な人生を見ているから、とにかく真実を表現してほしいという思いがある。それはすごくよくわかります。ただ、フィクションである漫画が漫画としておもしろくなければ、成立しないところがある。そこは常に綱引きになりますね。

――見解が割れてヒートアップするのは珍しくない。常にそんな感じですか。

関根 もう常にですね。それぞれ立場が違いますし、肥谷さんも鈴木さんも、今まで生きてきた人生が違うわけですから、当然、価値観が違います。だからやりたいことが対立するときもある。鈴木さんは、住む家もなくて、学校もろくに行っていない子たちの置かれている状況について、ものすごく情熱的にお話しされる。私も、もともとの性格なのか、家が昔経済的に厳しく困難な時期があったからか、そういうことを理解したい。でも肥谷さんは、実際の表現のバランスはとても難しい、と感じている。その両面を盛り込んでいったり、どちらかを捨てたりということは、ドラスティックにやらないとできない。だから議論が激しくなると、誰かが怒って出ていくこともあったりします(笑)。

――すごいですねえ。

関根 ただ、鈴木さんも肥谷さんも、よいものを作るという意味では、ものすごく誠実な方です。そこは絶対に裏切らない。だからこそケンカになっても最後は理解しあって、一緒にがんばれるんでしょうね。

★がついた記事は無料会員限定

プレゼント情報

幻冬舎plusの無料会員様の中から、抽選で単行本『ギャングース』1~7巻セット3名様にプレゼント!下のボタンから奮ってご応募ください。
応募締切:4月16日(木)23:59

※まだ無料会員でない方も、こちらから会員登録していただくと、今すぐプレゼントにご応募いただけます!

関連書籍

鈴木大介『最貧困女子』

→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


肥谷圭介×鈴木大介『ギャングース』第3巻(講談社)
→書籍の購入はこちら(Amazon)


肥谷圭介×鈴木大介『ギャングース』第4巻(講談社)
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!