毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2015.03.17

第6回

ディズニーランドは女の友情の試金石である

小野 美由紀

ディズニーランドは女の友情の試金石である

先日、仕事仲間の編集者のYと、「今、一番何が欲しいか」という話になった。
Yはバリバリに働くキャリアウーマンで、女が惚れるようなかっこいい女だ。Yは開口一番「友達が欲しい」と言った。
「利害関係なく何でも話せる女友達が欲しい」と。
マンションでも、恋人でも、長い休みでもなく、友達。
Yの言い分はこうだ。
この時代、結婚にもどうやら期待できそうもない。また、恋愛で得られる満足感にも「頭打ち」があるという事が、30を目前にして分かって来た。自分で自分を可愛がれるほどには、お金にはある程度余裕がある。
そんな今の自分に結局足りないのは、利害関係や、立場の違いを気にする事なしに悩みを打ちあけあえる女友達、何があってもこの人は自分を裏切らないと思えるだけの「友情」だと言うのだ。


彼女のあまりに切実な願いに、私は思わず共感せずに居られなかった。
なぜなら私もまた、女友達の少ない女だからである。…

 

<本記事は公開を終了しました。続きは電子書籍でお楽しみください。>

小野美由紀『キョーレツがいっぱい』
→電子書籍のご購入はこちら(Amazon)

いつから世の中はこんなにカオスになったのか?!
共同体からはみ出した問題児たちの渦に巻き込まれていく、痛快エッセイ。
個性的な面子を笑っていたつもりが、
いつの間にか背中にナイフが刺さっている――?!
ブスとは何か、セックスとはなにか、女の友情とは何か。
日常で覚える違和感を克明に炙り出す。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

小野美由紀『傷口から人生。 メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった』

問題てんこもり女子、再生なるか!?
過剰に教育的な母に抑圧され、中3で自傷&不登校。キラキラキャンパスライフに馴染めず大学も仮面浪人。でも他人から見てイケてる自分でいたくて、留学、TOEIC950点、NPOボランティア、有名企業にインターン等々。無敵のエントリーシートをひっさげ大企業の面接に臨んだ。なのに、肝心な場面でパニック障害に! 就活を断念し、なぜかスペイン巡礼の旅へ――。つまずきまくり女子は、問題の本質と向き合えるのか? 生きる勇気が湧いてくる、痛快! 強烈! 自伝エッセイ。

→電子書籍はこちら
→書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!