臨月のお腹を抱え、年下のドイツ人の夫と4人の子供と、スーツケース12個でブラジル・サンパウロに移住!  モデルの日登美さんが日本の真裏で奮闘した1年を綴る、笑いと涙のエッセイ『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』(幻冬舎)が3/11(水)に発売になりました。
 そこで、刊行を記念して幻冬舎Plus限定のブラジル移住記・特別編を公開しちゃいます。ご紹介するのはもちろん、おいしそ~うなブラジルでの料理たち! 材料は、日本に売っている身近なものを使用するので、珍しいスパイスも不思議な野菜も使わないのでご安心を。
 日登美さんならではのスペシャルなブラジル料理、ぜひ挑戦してみてください。

★★★

 日本食と言えば寿司。ブラジルでも寿司は結構人気がありますが、だいたい寿司というと巻き寿司、のり巻き、手巻き寿司のことをさします。こちらは生魚があまり手に入らないので具はだいたいサーモン。それをたっぷりのクリームチーズやマヨネーズに和えたものを巻いて食べます。ほかには、カニカマボコらしき物が巻かれたのり巻きに衣をつけて揚げた揚げ寿司がポピュラー、と日本人からすると寿司らしからぬ物が主流となっておりますが、ともあれブラジル人も寿司は好き。そんな訳で私はよくご近所さんや友人と集う時など手作りして持っていきます。
 そこでとても人気があったのが、日本人には意外な組み合わせのツナとマンゴーののり巻き。けれどこのトロピカルな組み合わせ結構イケます。
 作り方は普通ののり巻きと同じですが、ポイントは手作りのマヨネーズでツナを和えること。
 卵の黄身2個分に塩少々、お酢小さじ2、キビ砂糖小さじ2、マスタード小さじ2、ライムジュース大さじ1と1/2、これをよく撹拌してそこに少しずつオイル1と1/2カップを加えてよく撹拌します。オイルはオリーブオイルを半分、サラダオイルを半分にすると風味よくし上がります。ライムがないときはレモンでもいいでしょう。
 できたてのマヨネーズをたっぷり混ぜたツナに、イタリアンパセリをたっぷり加え、そしてマンゴーをのり巻きにします。マンゴーの甘みが美味しいブラジルのり巻き。ディップには残ったマヨネーズと醤油、ホースラディッシュのすりおろしを混ぜたものを添えて。
 みなさんもおもてなしにいかがでしょうか?
 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

日登美『ブラジルの我が家 Família no Brasil!』

→電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)