毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.05.08

『クラウド・トラップ SE神谷翔のサイバー事件簿3』

vol.10 真岡市へ

七瀬 晶

vol.10 真岡市へ

 

サーバルームでなんとか脱出を試みようとしている神谷たち。お台場の本社で状況を知った夏木理沙は、タクシーに飛び乗った。神谷たちが閉じ込められたデータセンタに行っても、何もできないことはわかっている。犯人の言う爆破時間までに、そこに着けるかどうかもわからない。しかし、ただ会社で時間が立つのを待つ気には到底なれなかった。

 

 

 理沙はタクシーで首都高速湾岸線を飛ばしていた。
 カーナビには、残り一時間半と書かれている。
 行ったところでどうにかなるものでもないだろうが、じっとしている気には、とてもなれない。
 何度も電話して、ようやく霞が関の監視チームにつながったものの、まったく頼りになりそうになかった。
 現地の状況は、まるきり把握できていないらしい。
〈監視カメラには何も映ってないんですか〉
〈映っていません〉
〈そんなはずありません。うちの社員が、サーバルームに閉じ込められてるって連絡してきてるんです〉
〈ええと、こっちからは、クラウドエリアの状況しか見えないんですよ。ロックの解除もできませんし……〉
〈現場に人を送って、ドアをこじあけるとか、何かできないんですか〉
〈そういうことはできません。私たちはあくまで、クラウドを監視するチームですから……〉
〈それじゃあ、ビルの管理会社の連絡先を教えてください〉
〈それはこちらでは把握していなくて……現地に電話してるんですが、連絡がつかないんです〉
 まるで他人事(ひとごと)だった。
 そんなこんなで、理沙は会社までタクシーを呼び出し、飛び乗ったのだ。
 自分でどうにもならない時間は、何ともイライラするものだ。
 理沙は爪を噛んだ。
「すみません、もう少し急げませんか?」
 理沙は、首を伸ばして、運転手に尋ねる。
「十分スピードは出してるんだけどね」
 言いながらも、運転手はアクセルを踏み込んだ。
 何があったのだろうと、ちらちらとこちらの顔をうかがっているようだが、気にしている場合ではない。人の命がかかっているかもしれないのだ。
 銃か何かを突きつけられて、真っ青になって震えている神谷の姿が脳裏に浮かぶ。
 神谷は暴力に対しては、からきし弱い。
 いや、暴力だけではない。以前、職場にゴキブリが現れただけで失神しそうになっていた。
 その時の神谷の顔を思い出すと、理沙は今の状況も忘れて笑い出しそうになる。
 今ごろ恐怖のあまり気を失っているのではないだろうか?
 ただ、神谷は思いがけないところで力を発揮することもあるのだ。
 それに粘り強い。
 誰もが無理だと思う場面でも、あきらめない。無理ですよと言いながら、結局やってのけたりする。
 今回のことにしたって、電話も通じないサーバルームに閉じ込められている状況が分かったのは、神谷の機転のお蔭だ。
 どうか無事でいますようにと心の中で祈りながら、理沙は道路の行く手を見つめた。

 

  

ーー神谷たちは無事に脱出できるのか? 閉じ込められたサーバルームで急にした物音は? 犯人の本当の目的は? 続きはぜひ本編でお楽しみください!

*本作はフィクションで、登場人物、団体等、実在のものとは一切関係ありません。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

主要電子書店で好評発売中!
幻冬舎plusはこちら
Amazon Kindleはこちら
hontoはこちら


 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!