毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.03.15

第二回

詩人、お祈りに行く

文月 悠光

詩人、お祈りに行く

2015年1月27日

 いよいよイスラム教の礼拝堂〈モスク〉を訪ねる。肌を露出できないため、長袖のニットと足首までのマキシスカートを着て出かけた。汗ばむほど暑いが、できる限り現地の人の文化に近づきたい。
 ムスリム(イスラム教徒)のお祈りは一日に5回。礼拝の時刻が近づくと、〈アザーン〉という呼びかけの声が街のあちこちのスピーカーから流れ出す。お祈りのためのスペースは、図書館にもデパートにもオフィスにもあるけれど、礼拝堂〈モスク〉で行うのが基本だ。特に休日の金曜は、集団礼拝のために多くの人々がモスクへと向かう。

 日本の友人から不意にメールが届いた。ISILの人質事件を受け、「くれぐれも気をつけて!」と注意をうながす文面。いま日本がどのような雰囲気なのか、日に日にわからなくなる。焦る気持ちとは裏腹に、ドバイは至ってのどかに見えた。イスラム教はISILとは違う。けれど、人質事件のために、イスラム教そのものを「危ない」と敬遠する人もいるだろう。それは日本人にとっても不幸な事態ではないか。1ヶ月という短い期間ではあるが、精一杯UAEの文化を吸収し、伝えたい思いにかられた。

 

初めて訪ねたモスク。陽光を背に浴びて、その荘厳さが際立っていた。

 訪ねたのは、ドバイ最大のモスク〈アルファ・ルーク・モスク〉。青を基調としたデザインが美しい。トルコのブルーモスクをイメージして作られたそうだ。ストライプ柄のアーチの下には金色の扉が幾つかあり、一間挟んだその奥が礼拝堂になっている。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!