毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.03.12

名曲から生まれた感動小説、待望の映画化。
さだまさし著『風に立つライオン』店頭用ムービー公開

幻冬舎 編集部

名曲から生まれた感動小説、待望の映画化。<br />さだまさし著『風に立つライオン』店頭用ムービー公開

時代と国境を超え、受け継がれる命のバトン。
名曲から生まれた感動小説、待望の映画化。

1987年、日本人医師・航一郎(大沢たかお)は、大学病院からケニアの研究施設に派遣される。アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツァーの自伝に感銘を受け医師を志した航一郎にとって、それは願ってもいないチャンスだった。しかし、それは恋人との長い別れも意味していた。父の跡を継ぎ、女医として離島医療に従事する貴子(真木よう子)を遠く日本に残さなければならなかったのだ。

理想を胸に研究と臨床の充実した日々を送っていた航一郎は半年後、現地の赤十字病院から1か月の派遣要請を受ける。物見遊山のつもりで赴いた彼は、重傷を負って次々と運ばれてくる少年が、みな麻薬を注射され戦場に立たされた少年兵である事実に愕然としながらも、この病院への転籍を志願する。 過酷な状況ながらも生き生きと働く航一郎は、医療団からの信頼も厚かった。一方、同病院に看護師として派遣されてきた和歌子(石原さとみ)は、確かなスキルと手際の良さで、航一郎と時折ぶつかりあいながらも互いに認め合っていく。そして、心に傷を抱えた少年たちを「オッケー、ダイジョブ」と温かく包み込む航一郎は、いつしか少年たちの良き友であり、師となっていた。

そんなある日、病院に少年兵・ンドゥングが担ぎ込まれる。 彼は銃傷よりも、両親を目の前で惨殺され、麻薬でかき消された心の傷が甚大だった―― 航一郎は、そんな彼の心の闇に真正面から向かっていくのだが…

3/14公開の映画『風に立つライオン』。主演の大沢たかおさんのコメントも入った、同名原作小説の店頭用ムービーを公開!

 

●映画『風に立つライオン』作品情報

3月14日(土)公開
出演:大沢たかお、石原さとみ、真木よう子、萩原聖人、鈴木亮平、藤谷文子、中村久美、山崎一、石橋蓮司、ERICK OJIAMBOH、PATRICK OKETCH、NICK REDING、LYDIA GITACHU
原作:さだまさし『風に立つライオン』(幻冬舎文庫)
企画:大沢たかお
監督:三池崇史
主題歌:さだまさし「風に立つライオン(シネマ・ヴァージョン)」(ユーキャン)
脚本:斉藤ひろし
音楽:遠藤浩二
©2015 『風に立つライオン』製作委員会
映画『風に立つライオン』公式サイトはこちら

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

さだまさし『風に立つライオン』

→書籍の購入はこちら(Amazon)


さだまさし『サクラサク ~「解夏」より~』

→試し読み・電子書籍はこちら



さだまさし『解夏』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 不確かな未来と冒険の物語を、その情熱で捕まえて、前へ進め!!
  • 異世界に転生した冒険者の視点から、経営のコツとビジネススキルが学べる、異色のビジネスライトノベル。
  • ワケあり男女がシェアハウスに!
  • 人気芸人の、笑って、共感して、思わず沁みるエッセイ集。
  • 物語が、海を超えてつながった——!
  • 専門知識不要、伸び続ける投資法のしくみがわかる
  • シンギュラリティに向かう時代のビジネスチャンスを読み解く、必読の一冊。
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
美人かどうかは目元で決まる。
学生限定 全商品10%キャッシュバック中!
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!