毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.03.20

救急医療の第一線で命と向き合い、わかったこと【最終回】

今、起きている出来事は偶然ではない

矢作 直樹

今、起きている出来事は偶然ではない


救急医療の第一線で多くの命と向き合ってきた著者によるエッセイ『見守られて生きる』が、3/10(火)に発売。最終回は、多くの人がどこかで経験し理解しているであろう「偶然」と「必然」の関係についてひもときます(全5回)。

 

 起きたことを受け取るという意味では「偶然ではなく必然的に起きた」という言葉にも深い意味を感じます。

 科学的な実証はできませんが、そう感じることが重要です。そこには何らかの意味、お知らせ(サイン、前兆)があります。良いお知らせだけならいいのですが、つらいこと、悩ましいことも多々あります。

 生活習慣病は、その一つかもしれません。

 たいていの方は病気になると自分や周囲を責めますが、そこに至るまでにいろいろなサインが出ていたはずです。感性が鈍るとそれに気づきません。直観、感性を磨くことは、そういう意味でも大切なのです。

 病気になると、人は大きく分かれます。

 それまでの生活を反省する人、反省なく相変わらずの生活を続ける人。大半の人はよほど深刻な事態にならない限り、相変わらずの生活を続けます。

 しかしそこで気づいて欲しいこと、それは「(その病が)もっと悪いことが起こる前兆かもしれない」ということです。

 仕事や家庭や友人関係でも、大なり小なり、皆さん経験があると思います。小さな過ちを繰り返して分析しなかったばかりに、それが大変な結果につながってしまったこと。一気にリカバリー(修復)できれば良いですが、残念ながらできないこともあります。

 失敗も人生の学びだからと言ってしまえば、それまで。

 でもせめて大きな過ちを犯さないように、自分が反省できるうちにしておくと、その課題はそこでクリアできるかもしれません。

 

 

★がついた記事は無料会員限定

 

関連書籍

矢作直樹『見守られて生きる』

→電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


矢作直樹『おかげさまで生きる』

→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!