毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.03.20

救急医療の第一線で命と向き合い、わかったこと【最終回】

今、起きている出来事は偶然ではない

矢作 直樹

今、起きている出来事は偶然ではない


救急医療の第一線で多くの命と向き合ってきた著者によるエッセイ『見守られて生きる』が、3/10(火)に発売。最終回は、多くの人がどこかで経験し理解しているであろう「偶然」と「必然」の関係についてひもときます(全5回)。

 

 起きたことを受け取るという意味では「偶然ではなく必然的に起きた」という言葉にも深い意味を感じます。

 科学的な実証はできませんが、そう感じることが重要です。そこには何らかの意味、お知らせ(サイン、前兆)があります。良いお知らせだけならいいのですが、つらいこと、悩ましいことも多々あります。

 生活習慣病は、その一つかもしれません。

 たいていの方は病気になると自分や周囲を責めますが、そこに至るまでにいろいろなサインが出ていたはずです。感性が鈍るとそれに気づきません。直観、感性を磨くことは、そういう意味でも大切なのです。

 病気になると、人は大きく分かれます。

 それまでの生活を反省する人、反省なく相変わらずの生活を続ける人。大半の人はよほど深刻な事態にならない限り、相変わらずの生活を続けます。

 しかしそこで気づいて欲しいこと、それは「(その病が)もっと悪いことが起こる前兆かもしれない」ということです。

 仕事や家庭や友人関係でも、大なり小なり、皆さん経験があると思います。小さな過ちを繰り返して分析しなかったばかりに、それが大変な結果につながってしまったこと。一気にリカバリー(修復)できれば良いですが、残念ながらできないこともあります。

 失敗も人生の学びだからと言ってしまえば、それまで。

 でもせめて大きな過ちを犯さないように、自分が反省できるうちにしておくと、その課題はそこでクリアできるかもしれません。

 

 

★がついた記事は無料会員限定

 

関連書籍

矢作直樹『見守られて生きる』

→電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


矢作直樹『おかげさまで生きる』

→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!