毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.03.04

Vol.8

指先から媚薬

鈴木 涼美

指先から媚薬

 小学校の5年生から6年生の途中までロンドンのセント・マーガレット・スクールという1クラス10人程度の非常にこじんまりした英国らしい女子校に通っていた。もちろん個人的にどうしても留学してみたいとか思っていたわけではないが、父親の仕事の都合があり、意思はあるが意思決定の権利はない10歳であった私は、ロンドンに強制連行されたのである。『姫ちゃんのリボン』が見られなくなるしスマップの出るMステも見られなくなるし同級生のタテイシくんにも会えなくなるという理由で、私としては非常に不本意な物理的移動ではあったものの、そこは子供のかわいいところ、あるいは私のかわいいところで、ちょっとブツブツ言いながらも、実際行ってみたらめっちゃ楽しんで馴染んでロンドンで育つために生まれてきたんじゃないかしらとまで思っていた。

 母は、日本の私立の小学校のくだらない宿題や起立・礼なんて無視して子供は豊かに育てばいい、と信じている人だったが、その豊かさの前提条件として、本をたくさん読むことと英語が喋れることが必要だとも頑なに信じていた。だから私は英国滞在の3カ月前から、学校から帰ってきてから寝る前までは母とは英語で口をきかなくてはいけない、じゃないと熱湯風呂、みたいな過酷なトレーニングを経て(熱湯風呂は嘘)、とにかく現地校で友達100人つくりなさいという指令を受けて、いざ英国に勇んで入っていったのである。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

【この連載が書籍になりました】鈴木涼美『愛と子宮に花束を――夜のオネエサンの母娘論』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

「愛しているゆえに疎ましい――母と娘の関係は、いつの時代もこじれ気味なもの。ましてや、キャバクラや風俗、AV嬢など、「夜のオネエサン」とその母の関係は、こじれ加減に磨きがかかる。
「東京大学大学院卒、元日本経済新聞記者、キャバ嬢・AV経験あり」の著者の母は、「私はあなたが詐欺で捕まってもテロで捕まっても全力で味方するけど、AV女優になったら味方はできない」と言い続けて世を去った。
本書は、著者がそんな母を看病し、最期を看取る日々のなかで書かれたもの。自身の親子関係や、夜のオネエサンたちの家族模様を、生き生きと描き出す。
エッジが立って、キュートで、エッチで、切ない、母も父も娘も息子も必読のエッセイ26編。


鈴木涼美『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


鈴木涼美『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


音声コンテンツ

鈴木涼美さん×二村ヒトシさん×開沼博さんトークイベント「鈴木涼美とは何者か?」
音声コンテンツ配信中!

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 「日本3.0」時代を生き抜くための必読書
  • からだを若く保つ、整体の知恵
  • 10分以内で作れて、洗い物も少なめ、一皿で食べられるヘルシーレシピ集
神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!