アーティストが、歌詞までバッシングされるって、どうなんだ?

 嫌な感じの話である。まさか、あのサザンの桑田佳祐がバッシングを受けるようなことが起きるのかと、驚いた人も多かったことと思う。この1月15日、サザンオールスターズの桑田佳祐は、昨年12月に行われた年越しライブに関する謝罪文を発表した。

 これは、ライブでの桑田のパフォーマンスが、右翼系団体から大問題とされたためである。桑田が昨年受賞した紫綬褒章を小道具として使ったり、日の丸に×マークをつけた映像を流したりしたことが、「不敬」な行動と見なされたのである。

 11日には、渋谷にあるサザンの所属事務所・アミューズのビルの前で抗議行動が行われた。「猛省せよ」などと書かれた横断幕や国旗を持って集まった右翼団体らが「桑田佳祐の不敬発言を糾すぞ! アミューズは出てきて釈明しろ!」等、謝罪を求めるシュプレヒコールを上げた。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち 〈バッシング・いじめ・ネット私刑(リンチ)〉』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


岩波明『文豪はみんな、うつ』
→書籍の購入はこちら(Amazon)