毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.02.27

後編

『弱いつながり』は「コンビニ的日本からの脱出」がテーマだった!

瀬口 盛正/東 浩紀

『弱いつながり』は「コンビニ的日本からの脱出」がテーマだった!

「紀伊國屋じんぶん大賞2015」の第1位を受賞した東浩紀さんの『弱いつながり 検索ワードを探す旅』。受賞を記念してのクラブメッドの瀬口盛正社長との対談後編は、日本の温泉旅館とリゾートの違いから、日本人の考える便利さへの違和感へと話題は展開していきます。(構成:小西樹里 撮影:菊岡俊子)

日本の温泉旅館は忙しすぎないか

 ネットはお金がかからない娯楽です。収入の少ない人ほど使うので、ネットの意見はどうしても低所得者側に寄る。そしてなぜか日本では、所得が低いひとほど、むしろ職業原理に縛られて「働くこと=美徳」だと思っているひとが多いんですよね。ネットにはそういう価値観が溢れています。

瀬口 Twitterもそうですよね。そこに好かれないといけない。

 Facebookもそうで、巨大な相互監視システムみたいになっています。「おまえ、休暇取ってるの?」って。会社でも休暇が取りづらく、その外でもプライベートを監視されている。日本人は、何もしないで休むのが本当に苦手ですよね。温泉でゆっくりしようと思っても、日本の旅館はなにかと忙しい。

瀬口 彼らのスタイルにコントロールされてしまいますね。

 チェックインした瞬間に、夕食は6時半か7時かとか、お部屋でとるか大広間がいいか。そんなの知らないよと思うんですけど(笑)。あれはぼくは窮屈に感じます。その点、海外のリゾートホテルはビュッフェだから自由ですね。

瀬口 まずリゾートの面積が違う。すごく大きい。

 面積は決定的です。

瀬口 クラブメッドの石垣島のホテルは東京ドーム全体が4つ入ります。それだけの空間や一人になれる場所があるのは大きいですよね。

 日本の旅館は作り方がそもそも小さいんですよね。

瀬口 日本庭園自体がそうですから。

 大きさは重要です。人間は存在しているだけで音を発するし、五感を刺激する存在感がある。それをシャットアウトするのは距離しかないと思うんです。僕は家族旅行ではできればスイートに泊まるようにしています。というのも、旅行行ったからといって、普段ズレている生活をきっちり合わせることはできないでしょう。ひとり夜中に目が覚めたときに、妻子と同じベッドルームしかないときのつらさといったら。そういうのを我慢していると絶対ケンカが起きる(笑)。部屋の広さは、休暇を家族と平穏に過ごすための重要な条件だと思いますね。

瀬口 非日常ですしね。

 あと、老舗旅館で小学生の子どもとごはんを食べることの困難さ……。やはりビュッフェはすばらしい(笑)。

瀬口 日本人はビュッフェが好きですよね。うちも世界各国の料理を出すんですけど、日本人のお客様が喜ばれるのは、お部屋の広さや新しさではなくて、食べ物の種類の多さです。

 日本人は他の国の人たちと比べて舌が肥えているのでは?

瀬口 お客様の満足度評価というのがあるんですけど、日本人のお客様はとても厳しくて満点をつけない。どんなにハッピーでも真ん中より少し上の6点です。外国の方は喜ぶと10点をすぐつける。食べ物以外もそうだけど、それ以外も、食べ物の質だけじゃなくて調理法まで入ってくる。日本中のお客様の満足度を高くするのが世界中のホテルチェーンの課題なんです。

 減点法なんですね(笑)。

瀬口 働く側は細かい質問に答えられないといけないので、コールセンターの処理の時間が日本は3倍です。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

東浩紀『弱いつながり』
→電子書籍はこちら
→書籍はこちら(Amazon)


『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド 思想地図β vol.4-1』
編:東浩紀
著:開沼博、津田大介、速水健朗、井出明、新津保建秀

→書籍はこちら(Amazon)


音声コンテンツ

東浩紀さんトークイベント「自由な観光客であれ、そして、観光客を無視する村人であれ」
音声コンテンツ配信中!

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!