メンタル童貞を育む現代社会

竹村 今は90年代よりも女の子が献身的になっていて、多くが「結婚して“もらわなきゃ”いけない」と下手(したて)に出ています。かつては「女の子は威張って良し」みたいなムードがありましたけど、今やほとんどありません。

田房 ないです。全然ないです。

竹村 今の中年童貞の親世代である団塊世代の時代には、まだお見合い結婚が制度として生きていましたが……。

田房 お見合い結婚制度を充実させたほうがいいってことですか? たしかに、結婚すれば中年童貞も変わると、さっき中村さんもおっしゃっていましたけど。

竹村 でも、結婚直前までは実家で自分の母親の息子としてふるまい、結婚後はすぐ“妻の息子”となってしまう男の人も多いですよね。童貞でなくとも、生まれてからずっと息子的ふるまいしかできないお父さんがすごく多い気がします。日本には元々「母と息子」しかいないのに、ここ20年くらいで、急に恋愛至上主義だとか自由恋愛だとかいう場所に、男たちが放り出されたんじゃないでしょうか。だからうまく相手を作れないし、作り方を教えてくれる人もいない。

中村 しかも母親に長らく胎児として扱われた男は、実家で王様として君臨していたから、仮に結婚できたとしても、母親もしくは母親的な妻としか住めない。まさに“メンタル中年童貞”です。

田房 「料理しない、できない女はダメだ」っていう認識が未だにありますよね。社会人は男も女も同じ働き方、同じ収入、同じ生活をしているのに、なんで女だけ家に帰って料理をちゃんとしなきゃならないのか、分からないです。一般人の自宅を訪問するテレビ番組で、バイトを掛け持ちしてる多忙な一人暮らしの女の子の冷蔵庫に何もなくてカップ麺を食べてたんですけど、スタジオでVTRを見てるお笑い芸人たちに「ダメだな!」って言われてました。一方、奥さんが出て行っちゃったサラリーマン男は、「ご飯は炊いてる」と言って50時間保温してたんだけど、誉められてました。

中村 ああ、わかります……。

田房 “息子”のまま20代を過ごして、彼女のことを「自分を気持ちよくする人」としてしか捉えないで、結婚相手も「自分の世話をしてくれるかどうか」で選んだメンタル童貞男は、子供が生まれても家事なんかやるはずないですよね。むしろ、「自分が家事をやるなんて負けだ」とくらい思ってるんじゃないかと思う。

中村 奥さんとしては、たまったものじゃないですね。

田房 男って、奥さんが家を出ていって一人になっても、仕事や経済力があれば、家事は外食やクリーニングでなんとかなるし、女の人と触れ合いたかったら風俗がありますよね。最近は性風俗とは別に、単身高齢者向けの若い女の子がデートしてくれるサービスもあるらしいです。結局男は、娼婦だろうが母だろうが妻だろうが娘だろうが、いつでも誰かしらの女にケアされる権利を、生まれながらにして持ってるんですよ。でも女にはそれがない。女は自分をケアしてくれる相手を一生、自分でなんとかしなきゃいけない。

中村 男は元来甘やかされすぎであり、負け続けてもなんとかなるってことですか?

田房 はい。それがまさに、中年童貞およびメンタル童貞を生み出すシステムそのものだと思います。女に捨てられても次の女がいる。最悪お金を出せばなんとかなるという、男の人が圧倒的に“許されている”状況と、それによる負担のほぼすべてが女に覆い被さっているという歴史、そのはざまで産声を挙げたのが、中年童貞というモンスターではないでしょうか。
(第3回に続く)
 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

『ルポ中年童貞』刊行記念対談 中年童貞はなぜ増えているのだろう? ~その社会と構造を考える~
第1回 中年童貞とメンタル童貞
・第2回 中年童貞が生まれる場所
第3回 童貞大国ニッポンの行く末

関連書籍

中村淳彦『ルポ中年童貞』
電子書籍はこちら
書籍こちら(Amazon)


中村淳彦『職業としてのAV女優』
電子書籍はこちら
書籍はこちら(Amazon)


田房永子『男しか行けない場所に女が行ってきました』
書籍はこちら(Amazon)