毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.01.30

第8回 酒

いとうあさこ

第8回 酒

 お酒の飲み方って人それぞれ。で、その人の中でも相手によって、時代によって、シチュエーションによって変わったりする。ただ私の場合どんな時でも共通しているのが「自分が美味しいならなんでもいい」という考え方。飲食は私にとってうっかり一番の幸せですからねぇ。とにかく100%楽しく満喫したいんです。もちろん下品だったり、人様に迷惑をかけるようなのはダメですよ。だから昔流行った“いっき”とかショットグラス何杯いけるかで酒の強さを競ったりするのは超がつくほど反対派。そこに“楽しさ”はあるかもしれないけど“美味しさ”はないもの。そんなの酒への冒涜だっ!
 ……あ、すいません。興奮して声を荒げてしまいました。ま、こんな私ですが実は20歳超えてしばらくはお酒が嫌いだったんです。小さい頃、母がよくコップに氷を入れて日本酒を飲んでいまして。飲んだ後は大抵ソファで寝ちゃって子供が何か言っても忘れちゃう。だからお母ちゃんをそんなにさせるお酒が嫌いだったんです。私は大人になったらあんな風にはならない、と。今ならばもっと思いやりを持てと思えるんですけどね。子供は一度も大人をしたことないから、大人の気持ちがわからないのかな。お酒のイメージが超悪いまま成人になりまして。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!