毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.01.23

なぜ若い人たちは海外に行かなくなったのか 危機意識を募らせる国と旅行会社

渋谷 和宏

なぜ若い人たちは海外に行かなくなったのか 危機意識を募らせる国と旅行会社

 この1月20日、太田昭宏国土交通相は閣議後の記者会見で、2014年に日本を訪れた外国人旅行者が前年より3割近く多い1341万人に達し、過去最多になったと発表した。(1月20日付の新聞各紙夕刊)
 対照的に日本人の海外旅行熱はこのところめっきり冷え込んでいる。東京入国管理局によると成田空港を利用して年末年始に海外旅行に出かけた日本人は33万9000人と前年に比べて18%減少した。(1月9日付の新聞各紙)
 これに限った話ではない。昨年は1964年の海外渡航自由化50年の節目の年で、今年はまさに新たな半世紀の始まりだが、日本人の海外旅行者は急減しているのだ。2013年は1743万人と前年に比べて5.5%のマイナス、2014年も1月から10月まで5月を除くとずっと前年同月比マイナスを続けており、1700万人を割ったのは確実だ。
 1ドル120円近い円安が最近の海外旅行者減少に拍車をかけているのは間違いない。米国やEUを旅行すれば宿泊費や交通費、食事代などが円安で割高になった現実を痛感させられる。
 しかし海外旅行者の減少は実は1990年代の円高時代からすでに始まっていた。大手旅行会社の担当者は「高齢者向けの高額ツアーを除くと、海外旅行ビジネスは長期低落傾向が続いている」と言う。
 とりわけ落ち込みが目立つのが20代、30代の若い男性だ。別の旅行会社の幹部は「若い男相手の海外旅行はもう商売にならない」とまで言いきる。
 海外に行かなくなった若い男たち──その実相と理由を検証しつつ、僕たち日本人のどこが変わったのかを探ってみたい──。

 日本人の海外旅行者の推移を見てみよう。その数は1964年の海外渡航自由化以来一貫して増え続け、1980年には309万人だったのが1990年には1099万人と初めて1000万人を超え、1999年には1780万人に達した。右肩上がりのカーブはここまでで、以降はジグザグを描き、減少傾向を示している。
 その大きな理由が20代の若者の海外旅行離れだ。20代の海外旅行者は1996年に約460万人とピークに達し、以降はずっと減り続け、2012年には約300万人にまで落ち込んでしまった。とりわけ減少が甚だしいのが若い男性だ。若い女性は最近ではむしろ持ち直しており、2013年、20~24歳の女性の28%が海外旅行を経験したが、20~24歳の男性で海外旅行を経験した割合は14%に過ぎない。
 僕の世代も含めてかつて海外旅行は若者の憧れだった。バックパックを背負っての1人旅行や貧乏旅行は若者の特権であり、勲章でさえあった。
 そんな世相を反映して、1960年代には小田実氏の欧米旅行記『何でも見てやろう』がベストセラーになり、1979年にはガイドブック「地球の歩き方」シリーズが発刊されて若い人のバイブルになり、1990年代には沢木耕太郎氏の『深夜特急』シリーズが20~30代の読者の心をとらえた。
 ところが今や「地球の歩き方」の主要読者は中高年になり、かつて日本人バックパッカーの聖地だったバンコクのカオサン通りからは日本人の若い男が姿を消し、中国や韓国の若者ばかりになっている。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!