毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.01.24

第四回

巫女さん

小嶋 陽太郎

巫女さん

 

 前回『頭のかたちがへんだ:後頭部篇』を書いたのに引き続き、今回は『頭のかたちがへんだ:頭頂部篇』を書こうと思った。僕の頭頂部はさわってみると、なんか尖っているから。しかし十年ほど前に不良っぽい友達に連れられて初めて行ったゲーセンで輩にあらぬ因縁をつけられあごに一発アッパーをもらいその衝撃波があごからまっすぐ頭頂部に伝わって奇妙に鋭角なかたちに変形したというような逸話はどう思い出しても持っていない。だから違う話にする。厄払いの話である。
 正月に帰省した友達と厄払いに行ってきた。この友達は年に一度ほど会うやつで、ちょうど一年前「おれは手相が見れる」と豪語して僕の左手を鑑定し、おもむろに「手相っつーか全体にしわが濃いからおまえは生命力が強い」と適当を言ったやつである。今年も同じことを言われた。そして今年は「てのひらにほくろがあるからおまえはドヘンタイだ!」と鬼の首を取ったように言われた。
「いやおまえもヘンタイじゃね?」
「でもおれ、てのひらにほくろないし」
「ないけど、ヘンタイじゃね?」
「……うん、まあ」
 てのひらにほくろのあるヘンタイと、てのひらにほくろのないヘンタイが二人で厄を落としに行ってきたわけだ。
 ちなみにてのひらにほくろのないヘンタイエセ手相占い師の名前はヨネクラという。
 僕たちが行ったのは四柱神社という神社で、それは松本にある。霊験あらたかな神社である。僕は去年、実は何度もお参りに行っている。ちょっと前にテレビで見たのだが、ゲッターズ飯田という占い芸人氏が「ここはものすごいパワースポットです。まじで。社長とか超来てます」みたいなことを言いつつ四柱神社を訪問していた。だからものすごく厄を落としてくれるのではなかろうかということで行った次第なのだ。
 テレビで紹介されたということを踏まえて訪れると、たしかにものすごいパワーを噴出しているような気がする。まず窓口にいた巫女さんがすごくかわいい。外見がかわいいというだけの話ではない。黒髪に上が白、下が赤の袴で外見も素晴らしくかわいかったが、彼女はそれ以外のところで思わぬかわいさを発揮してきた。そして僕たちはそのかわいさに見事にノックアウトされた。
 ヨネクラは事前に「おれたちは平成三年生まれだから本厄だ」と調べてきていた。が、僕らは念のため、そのかわいい巫女さんに「僕たち平成三年生まれなんですが本厄で合ってますか?」と聞いた。すると巫女さんは一度奥に引っ込み、また出てきた。そして自信満々で言った。
「違いますね」
「え、ほんとですか? 調べてきたんだけどなあ」
 ヨネクラはそんなようなことを言った。
 そのあと別の男の人が出てきて、「平成三年生まれですか? ばっちり本厄です」と訂正した。お姉さん、思いきり間違っているじゃないですか。奥に引っ込んで何を確認してきたんだよ。
 この巫女さんはこの後もずっとこんな調子で、僕たちを別の部屋(厄落としのための前室? のような)に案内し、「少々お待ちください」と去っていくときも引き戸にガッと肩をぶつけて、
「え、なんか、大丈夫っすか……」
「あ、すみません、大丈夫です」
 と僕たちを心配させたし、その後の厄払いの説明でも、
「それではあちらの正面におしゅしゅ――お進みいただいて」
 みたいな感じに噛んで「あ、お姉さん、いま噛んだな」と僕たちに思わせた。
 僕たちは正面にしゅしゅんで正座をし、神主さんにばっさばっさと厄を払ってもらい、「やべー正座が思いのほかきつい。頼むから早く終わってくれ」と厄払いの効果が薄まりそうなことを思いながら厄払いを無事終えた。
 境内から出た僕とヨネクラは顔を見合わせた。
「……あの巫女さん、百点だったな」
「おっちょこちょいな巫女さんなんて、そうそう会えないよね」
 まさに「おっちょこちょい」という言葉がぴったりだった。そのうえ巫女さんである。まさかそんな男のロマンを集めたようなかわいい存在に新年早々出会えるとは、なんという幸運だろう。これがパワースポットの力か……。体にぐんぐん力がみなぎっていくのがわかった。このようにして、ゲッターズ氏の言うことが間違いではなかったということが早くも証明されたのだった。
 僕たちは隣の和カフェのようなところでサービスのぜんざいを食べ、さらに体に力をみなぎらせて帰った。
 あのおっちょこちょいな巫女さんのおかげで厄年である2015年も頑張れそうである。

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

yone2015.2.6

今年も一年頑張りましょう。

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!