毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.02.10

第2回

無関係な人たちが当然のようにバッシングする違和感

岩波 明

無関係な人たちが当然のようにバッシングする違和感

海外の邦人保護は政府の基本的な役目

 本連載第一回に引き続き、2004年におけるイラクでの日本人3名の人質事件について原稿を書き進めていたところ、新たにイスラム国による日本人の人質事件が起き悲劇的な結末を迎えたことは、周知のとおりである。
 ネット上では、2004年の事件と同様に自己責任論が持ち出され、二人の人質に以前と同様のバッシングが行われた。「危険を承知で勝手に行ったのだから、たとえ殺されようとも本人たちの責任だ」というものである。ところが、今回のバッシングは、2004年のときほどは激烈ではなかった。これは、政府の対応が前とは異なり、世論を意図的に誘導しようとはしなかったからかもしれない。
 今回の事件に関しては、ネット上で流行したいわゆる「イスラム国ごっこ」など、さまざまな新たな問題が生じたが、情報が十分に出そろった段階で、もう一度振り返ってみたい。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち 〈バッシング・いじめ・ネット私刑(リンチ)〉』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


岩波明『文豪はみんな、うつ』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!