毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.02.10

第2回

無関係な人たちが当然のようにバッシングする違和感

岩波 明

無関係な人たちが当然のようにバッシングする違和感

海外の邦人保護は政府の基本的な役目

 本連載第一回に引き続き、2004年におけるイラクでの日本人3名の人質事件について原稿を書き進めていたところ、新たにイスラム国による日本人の人質事件が起き悲劇的な結末を迎えたことは、周知のとおりである。
 ネット上では、2004年の事件と同様に自己責任論が持ち出され、二人の人質に以前と同様のバッシングが行われた。「危険を承知で勝手に行ったのだから、たとえ殺されようとも本人たちの責任だ」というものである。ところが、今回のバッシングは、2004年のときほどは激烈ではなかった。これは、政府の対応が前とは異なり、世論を意図的に誘導しようとはしなかったからかもしれない。
 今回の事件に関しては、ネット上で流行したいわゆる「イスラム国ごっこ」など、さまざまな新たな問題が生じたが、情報が十分に出そろった段階で、もう一度振り返ってみたい。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

岩波明『他人を非難してばかりいる人たち 〈バッシング・いじめ・ネット私刑(リンチ)〉』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


岩波明『文豪はみんな、うつ』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!