晩ごはんに気をつけるだけで、「なかなか痩せない身体」と、ついにサヨナラできる!
シリーズ30万部突破の大ベストセラーの新装版『確実に痩せてリバウンドしない 晩ごはんダイエット決定版』の刊行を記念して、知っておきたいダイエットルールを本書から一部抜粋してお届けいたします。

私にとって、体重とは増え続けるもの。病気でもしない限り、体重が減ることはなかったので、豚肉のしゃぶしゃぶをお腹いっぱい食べても体重が変わらなかったことに大感激しました。
その理由を考えてみました。

① それまで、ごはんを茶碗にいっぱい食べていたのを、半分しか食べなかった。
② それまで、好物の豚肉の脂身をなんの疑いもなく食べていたのに、今回は、丁寧に取り除いた。
③ それまで、豚肉のしゃぶしゃぶを食べる時、1切れ、2切れ……と数えて食べたことはなく、好きなだけ口に放り込んでいたけれど、今回は、3切れしか食べないと決め、実行した。
④ それまで、なるべく家族が揃うまで待っていたので、晩ごはんを食べ始めるのが午後9時過ぎ、ということもあったけれど、今回は、ダイエットのために、午後7時に食べ始め、8時には食べ終えた。
⑤ それまで、肉でお腹をいっぱいにしていたが、今回は、野菜と豆腐でお腹をいっぱいにした。
⑥ それまで、晩ごはんの後、デザートはべつ腹、とばかりに、お腹がいっぱいでも大福とかケーキを食べていたが、今回は、さっぱりしたレモンのシャーベット1カップにした。
⑦ それまで、食後、お風呂に入った後、オレンジジュースやりんごジュースを飲んでいたけれど、果汁100パーセントのジュースでも、たっぷり甘い砂糖水を飲んでいるのと同じということを意識し、水でがまんした。
⑧ それまでの私は、食べるスピードが速かったけれど、ダイエットを成功させたければ、ゆっくりかんで食べるのが鉄則である、ということを思い出し、あごが疲れるほどよくかみ、ゆっくり食べた。

ざっと、このような理由が思い浮かびました。
このうち、どれが作用したのかはわかりませんが、あせらずに様子をみることにしました。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)