毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.01.07

Vol.1

年のはじめの例とてっていうにはわりと残酷な血縁の話

鈴木 涼美

年のはじめの例とてっていうにはわりと残酷な血縁の話

 まりをつくわけでもおいばねつくわけでも、もちろん餅をつくわけでもなく、1日の朝食を父の実家で食べて、2日の夕飯を母の実家で食べるという30年続いている行事を除けば、東京ギャルの私の正月は極めてわびしい。マルキューの福袋は2007年くらいまでに一生分買ったし、明治神宮の初詣も一生分祈ったし、お正月って六本木とか歌舞伎町とか空いてて逆に新鮮よねとか言いながらする散策も一生分歩いたし。

 西の方に里帰りをしている(という名目で会えない)カレシからいまいち連絡がこないので、この溢れるストレスと時間をどうやって消化しようかと、姉貴分のホステスであるレイコさんに電話をかけた。「賞金に目が眩んで31日から4日まで鬼出勤してるのよ」との返事。レイコさんの勤めるキャバクラ(*1)が、今年は年末年始に営業することになったらしく、キャスト確保のため、正月期間中に出勤できる者には、給料とは別に2万円の賞金が出るのだという。

 ふだんは実家から送られる無料フードで生き延び、週に2〜3日働けばいいくらいの「働かない虫」のレイコさんが、私がクソ暇なときに限ってクソ忙しくしていることを残念に思いながら、私は正月以降の予定を聞いて電話を切った。「母親にさ、今年は仕事あるから正月はずらして5日頃帰るよって言ったら、餅は残しておくけどおせちはないねーと。なんかあんまり寂しがってくれなかったわ」

 鬼出勤のレイコさんが遊んでくれないので、1年のうちこの時期だけ平和で愛らしい歌舞伎町を通り、親友のマオの家に遊びに行った。マオは平成生まれのホストと同棲中だが、そのカレシも里帰り中(という名目で家にいない)というので、私はモエのロゼとソウルマッコリとチーカマとキットカットを持参し、マオが冷蔵庫に保管していたどこぞのホストクラブのオリシャン(*2)とテキーラを振る舞ってくれたので、溢れるストレスと時間をそれなりに誤魔化せるくらいに、私たちは引きこもってしゃべり続けた。

 しゃべっていた内容は、放送コードに引っかかるものと、放送コードには引っかからないけれども「シラフなう」な私の倫理コードに引っかかるものばかりなので省略するが、3日の夜になったころ、マオの携帯に、マオの母親のマサコからメールが入った。マサコと私はそれなりに知った仲で、以前マオが私の白いコートの上に、一度胃の中で消化しかけたテキーラと鏡月をぶちまけたときには、私の家にマオと一緒に来て食事をつくってくれた上に、クリーニング代まで置いていってくれた。マオが高校時代に実家の自室でカレシとセーフ・セックスに勤(いそ)しんでいた頃は、ベッドの柵にひっかかった使用済みコンドームの掃除をしていた強者である。「お正月、来てくれて嬉しかった! 仕事がんばれ」。月収200万円程度のマオの主な収入は、かつての高級風俗店の客からの直引き(*3)なのであって、まあマサコは直引き頑張れと思っているわけではないのだろうが、そこは私はそれほど深くつっこまなかった。三が日だし。

 4日の夕方、マオの同棲相手が戻ってくるタイミングで私はずるずると東新宿の彼女の家を後にし、なんかそのまま自宅に戻るには中途半端な時間だったので、恵比寿に住む元カレに「すっぴんだけど遊んで」ってLINE送ったら「すっぴんなら助手席は乗らないで」って返ってきて新年早々体力のいる喧嘩を電話ごしにした後、私は結局そのまま自宅に戻ってきた。充電の切れた携帯を充電器につなぐと、私が東京の姉と慕うマコねえさんから即座に着信、「お年玉現金でもらうのは気がひけるからさー、母親に頼んでSuicaに2万円入れてもらったわ」という報告をしてもらった。そのSuicaを使ってタバコを2カートン買い、さきほど世田谷区内の自宅に戻ってきたという、35歳自営業マコの正月であった。

 

*1 キャバクラというのはあくまでその店が採用しているシステムであり、別に必ずしも若い子が働いているわけではない。しかしレイコさんが働く吉祥寺のお姉さん系(半熟女系)キャバクラの平均年齢が私より若かったので、ショックすぎて冬眠したい。

*2 ホストのバースデーやお店の周年イベントなどで作られるオリジナルのシャンパンのこと。大体どこの店でも10万円が相場。シャンパンとは名ばかり、質の悪いスパークリング酒で多くの場合まずい上に悪酔いする。バースデーのホストの顔写真などが瓶に印刷されていて、お店で飲んで記念に瓶を持ち帰る娘もおり、そのホストと別れるときに思いっきりかち割るとちょっと気分が晴れる。

*3 風俗店や水商売の店を通さず、客から直接オカネをもらってオショックス(お食事やセックス)などをすること。月極で50万円などをもらう愛人契約型と、オショックス1回10万円などの単発型の2型が主流。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

鈴木涼美『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』
電子書籍はこちら
書籍はこちら(amazon)


鈴木涼美『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか』
書籍はこちら(amazon)


音声コンテンツ

鈴木涼美さん×二村ヒトシさん×開沼博さんトークイベント「鈴木涼美とは何者か?」
音声コンテンツ配信中!
 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!