毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.12.31

『我が闘争』堀江貴文(著)特設サイト

『我が闘争』堀江貴文(著)特設サイト

2015.01.05
Webマガジン「cakes」にて『我が闘争』の書籍の一部の公開を開始しました。iBooksのサンプルとは別の部分をお楽しみいただけます。ぜひこちらもお楽しみください。(閲覧にはcakseへの有料会員登録が必要です)
→「cakes・ぼくはいつも闘ってきた——堀江貴文自叙伝」はこちら

2014.12.31
Apple iBooksにて『我が闘争』の発売前に、書籍の一部の内容をサンプル版として配信開始しました。是非ともiPhone iPadをご利用の方は、iBooksでお楽しみください。
→iBooksでサンプルを読む
※サンプルの読み方
サンプルの閲覧には、お使いの端末(iOS7.0以降のiPhone・iPad)で
iBooksアプリをインストールの上、上記リンク先の画面から「サンプル」をタップして閲覧ください。

 

『我が闘争』堀江貴文(著)
発売日 2015年1月15日
書籍価格 1400円+税
ISBN 978-4-344-02702-2

<書籍版>
→Amazon
→楽天ブックス
<電子書籍版>
→Apple iBooks
→Amazon Kindleストア
→楽天kobo
 

(内容紹介)
いつだって、孤独だった。でも、誰かと分かり合いたかった。それでも、僕は闘い続けてきた。だから今、もう一度「宣戦布告」。

堀江貴文、早すぎる自叙伝。
幼少期、九州での窮屈だった時代、憧れの東京、東大時代、恋、起業、結婚、離婚、ITバブル、近鉄バファローズ買収への名乗り、衆議院選挙立候 補、ニッポン放送株買い占め、時価総額8000億円、ライブドア事件、逮捕、検察との闘い、服役、出所、そして新たなステージへ……。またたく間 に過ぎた日々の中で僕が直面してきたこと、すべて。
目の前のままならないこと、納得できないこと、許せないことと闘い続けてきた著者が、自分の半生を正直に語りつくす。

「ことごとく抵抗し続けた僕は、生意気な拝金主義者というレッテルを貼られ、挙げ句の果てには刑務所に入ることとなった。
こんなふうにしか生きられなかったので、後悔なんかはしていない。
僕はこれからも納得のいかないものとは徹底的に闘っていくつもりでいる。闘い自体を目的にしているわけではないが、僕がこの限られた人生で幸福を追求するためには、どうしても闘いは付いてまわるはずだ」 【本文より一部抜粋】

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!