毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.12.15

第20回

西オングル島に眠る仲間の前で

竪谷 博

西オングル島に眠る仲間の前で

 皆様こんにちは。第55次日本南極地域観測隊・調理隊員のタテヤです。

 この連載も早いもので今回が20回目。残すところあと2回となりました。56次隊を乗せた「しらせ」もこちらに向かっているところです。南氷洋の荒波を越えて南極にやってきたのは1年前のこと。といっても、こちらにいるととても忙しいので、気が付いたらあっという間に年末になっていたという感じです(^^)。

 今回お届けするのは10月後半のお話です。

 まずはこちらから。10月17日。昭和基地がある東オングル島の隣の島、西オングル島へ向かうため……


 8:30、雪上車置き場に隊員が集合しました。


 各員車両に乗り込みます。


さあ出発です。海氷上に出て西オングル島へ向かいます。


 約1時間後、かなり激しい氷の凸凹を乗り越え、無事に西オングル島へ到着。


 ここからは雪上車を下りて徒歩で現地へ向かいます。


 危険な個所を避けるため、先頭の後について一列縦隊!


 滑る箇所はさらにゆっくりと……。


 目的の場所が見えてきました。


 隊長より今日の説明を受けます。


 西オングル島にあるのは、第4次越冬隊で、不運にもブリザードによりこの地で亡くなった福島隊員の慰霊碑です。今日はその慰霊祭なのでした。


 お線香を供え……


 順番に手を合わせていきます。


 私たちは南極越冬生活を最後まで安全に乗り切っていこうと決意しました!


 今回の慰霊祭で、それぞれが心のなかで、忘れてはならない何かを思い出したことと思います。

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • その街では、死者も生き返る。
  • 体にも心にも体にも栄養を与える法。
  • 豊富なスナップ写真とともに初公開。
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
その街では、死者も生き返る。
体にも心にも体にも栄養を与える法。
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!