毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.12.10

劇団ひとり『青天の霹靂』は
単行本→文庫→映画→DVD→オーディオブックへと 形を変えてどんどん進化中!

幻冬舎 編集部

劇団ひとり『青天の霹靂』は<br />単行本→文庫→映画→DVD→オーディオブックへと 形を変えてどんどん進化中!

2010年に発売された、劇団ひとり作の書き下ろし小説『青天の霹靂』は、2013年に文庫化、さらには、今年5月、劇団ひとり監督デビュー作品として映画『青天の霹靂』が公開されました。

そして、12月10日には、DVD『青天の霹靂』が発売。爆笑の特典映像つきです。と同時に、オーディオブック『青天の霹靂』の発売も決まりました。

オーディオブックとは、原作を声優さんが読んだ音声コンテンツ。「聴いて楽しむ本」というイメージです。今回は、劇団ひとりさんは映画と同じく正太郎役で出演。映画版とは違う、原作の弱気な正太郎を声で演じていらっしゃいます。

晴夫役の金谷ヒデユキさんとの対談映像も本日より公開されました。オーディオブックの説明をはじめ、なつかしいボキャブラの話なども飛び出します。まずはぜひご覧ください!


<Blu-ray&DVD発売を記念して「幻冬舎plus」読者の皆様にBlu-rayと原作本のプレゼントを実施中です!>

★がついた記事は無料会員限定

関連情報

・Blu-ray&DVD情報
「青天の霹靂 豪華版(Blu-ray2枚組)」「青天の霹靂 通常版Blu-ray」「青天の霹靂 通常版DVD」は12月10日発売。
→詳細はこちら

・オーディオブック
オーディオブック版『青天の霹靂』は12月26日よりオーディオブック配信サービス「FeBe」にて発売予定です。こちらもぜひチェックしてください。
→詳細はこちら

・書籍情報

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!