毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.12.12

「恋する旅女、世界をゆく」ブエノスアイレスのオシャレ店員が教えるパレルモ地区 【20人目】

小林 希

「恋する旅女、世界をゆく」ブエノスアイレスのオシャレ店員が教えるパレルモ地区 【20人目】
マリア

ブエノスアイレスを楽しむスポットはたくさんあるけれど、ファッションが大好きなオシャレさんには、パレルモ地区がオススメだと聞いたので、雨が降る中、散策してみることにした。

あ、何も私がオシャレさんだって言いたいわけではなくて、アルゼンチンのおしゃれスポットってどんな所か気になるし、街並みも少し違うというのだから行ってみない理由はない。

ちなみに私は長期旅行をしていても、それなりにオシャレは楽しみたいなと思っているから、何か素敵な洋服を見つけたら思わず買って、旅の途中から着用することはよくある。まあ、今回ももしかしたら素敵な出会いがあるんじゃないか、と期待はしていた。

パレルモ地区には、トレンドファッションを扱うブティックやレストランのほか、2月3日公園や動物園、競馬場などもある行楽地区だ。週末になると、ブエノスアイレスに暮らす人たちは、家族や恋人と一緒に、のんびりパレルモ地区で過ごすのだろうと思う。

メトロに乗り、イタリア駅で降りてすぐ、緑が多いせいか、雨の中はとくに爽やかな木々の匂いがする。人の多くない静かな街に、やがてオシャレなお店がぽつぽつ現れた。

目を引いたのは、カラフルでハイセンスなお店が多いということ。ブエノスアイレスのファッショニスタが集うというのは本当かもしれない。

子供が生まれた友人へのお土産に、子供服を買おうと思い洋服屋さんに入ると、中はまるで玩具箱の中みたい! 南米らしい色彩や柄を使った洋服は、日本人の子供にもぜひ着させたいほど!

店員のマリアが、
「アルゼンチンの子供はカラフルな服が好きなのよ!」
とオススメをいくつか紹介してくれた。その中には、ワンピースや靴、靴下やハンドメイドのぬいぐるみまであって、どれもこれも可愛い品々は、ママ心をくすぐってしまうはず。

マリアに、
「ほかにオススメのお店はある?」
と聞くと、
「そうね、本屋さんなんかどう? カフェと一緒になっているんだけど、とても素敵な内装なの」
と教えてくれた。

「あと、お腹空いてたら、ミラネサ専門店に行ってみたら?」
え、ミラネサっ!? 平たく言うと、ようはカツレツ。

行きたい! 肉食旅女、ミラネサというと、オーストリアのウィーンで食べたカツレツに首ったけだったことあり。何度食べたかというくらいよ。
「さあ、お店を教えてください!」

すぐにでもミラネサ専門店に行きたいところだけれど、本屋さんに寄ってからいこうと、まずは教えてもらった「Librería Gandhi」へ向かう。ブエノスアイレスには、「世界で二番目に美しい本屋アテネオ」があるけれど、パレルモの本屋さんはどんな感じだろう?

中に入ると、そこは書店というよりは、本棚の中という感じ! 本棚、床、階段、インテリアなどの無垢素材でできた内装が、全体的にぬくもりを与えてくれている。さらに選りすぐりの書籍やマガジンが置かれて、店内はカラフルに美しい。

こぢんまりとしたカフェには、お客さんがのんびりと本を読んだり、珈琲を飲みながら談笑してたりと、優雅な時間がある。せっせと本を並べる店員さんも、目が合うとにっこりと微笑んでくれて、「やあ、どこから来たの?」と声をかけてくれる。現地の人と交流を持てる場所や機会というのは、意外にも少ないと思うから、嬉しくなって、「ジャパン!」と元気よく答える。

二階のスペースも、のんびりと読書するためのスペース。ここで半日でもゆったり過ごせたらいいいな〜。
 

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

29歳で会社を辞めてからの世界放浪を綴った「恋する旅女」シリーズ。電子書籍も文庫版も好評発売中です。

恋する旅女、世界をゆく (1)
魅惑のインドネシア・マレーシア・シンガポール編

無料立ち読みはこちら
幻冬舎plusで読む
Amazon Kindleで読む
iBooksで読む
楽天koboで読む
 


恋する旅女、世界をゆく (2)
神秘のミャンマー編

無料立ち読みはこちら
幻冬舎plusで読む
Amazon Kindleで読む
iBooksで読む
楽天koboで読む
 

 

 


恋する旅女、世界をゆく (3)
刺激のタイ・ラオス・カンボジア編

無料立ち読みはこちら
幻冬舎plusで読む
Amazon Kindleで読む
iBooksで読む
楽天koboで読む
 


恋する旅女、世界をゆく (4)
愛しのインド編

無料立ち読みはこちら
幻冬舎plusで読む
Amazon Kindleで読む
iBooksで読む
楽天koboで読む


この4つのシリーズをまとめた文庫版も好評発売中です。

恋する旅女、世界をゆく
29歳、会社を辞めて旅に出た

アマゾンで買う
楽天ブックスで買う
セブンネットで買う
商品情報はこちら

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!