毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.12.04

ベストセラー作家の
最高傑作

羽田 圭介

ベストセラー作家の<br />最高傑作

『未婚30』
白岩玄
小社刊/1400円(税別)

 二〇〇四年に『野ブタ。をプロデュース』(七〇万部)で鮮烈なデビューを飾った白岩玄氏の、一〇周年記念作であると同時に待望の四冊目となる小説が、此度刊行された。
 デビュー作が信じられないほど売れ貯金はあるが、デビュー以降八年間で三冊しか著作のない三〇歳の専業作家佑人。そして小さな出版社の編集者として日々忙しく働いている二九歳の里奈。半年後に結婚式を控えた二人は同棲生活を送りながら、〈マリッジブルー〉の一言で済ますわけにはいかないほどの、憂鬱と困惑の世界をさまよい続ける。
「結婚問題」の冒頭を読むだけで、なにやら自伝的な設定であるとはすぐにわかる。
 佑人からのプロポーズといった恋人同士の初々しいやりとりは本編で切り取られた期間の前に済まされており、のっけから、同棲生活の息苦しさが描かれる。
 一緒に住んでいる家に届く郵便物の束はほとんど里奈宛のもので、その中から佑人は自らのアイデンティティーを確認するかのように、なんとか自分宛の郵便物を探そうとする。その必死さには、愛する女と一緒になり融合したいという意思ではなく、確固たる自分として独立していたいという葛藤が見え隠れするのだ。静かな描写ではあるが、敵と味方に分かれ激戦を繰り広げているかのような精神的攻防シーンは映画『プライベート・ライアン』冒頭のノルマンディー上陸作戦のような緊迫感に満ちている。
 一緒になりたい。
 しかし、文字通り紙一枚の厚さしかない支払い明細が、自分と他者、男と女としての境界や輪郭を、かえって浮き彫りにしてしまう。
 編集者として忙しくしている里奈は色々なことに疲弊し、焦っている。通勤電車の中で、興味を引かれなどしないツイッターのツイートを百件近くチェックしたり、新着メールを読んだりしても、〈どれも小さな宿題に思えるようなもの〉でしかない。日々、無数の小さなタスク、義務的行動をこなしている。
 佑人からのプロポーズを承諾した背景にも、出産タイムリミットへの危機感や、世間一般的にそろそろしたほうがいいだろうという社会的理由が、大きく作用している。結婚式の準備を面倒くさがっている里奈にとっては、佑人との結婚自体もいつしか面倒であり人生で課されている失敗のきかない大きなタスクとして重くのしかかってくる。
 同じ出版業界にいる人間として、婚約者である佑人の評判は里奈の耳にダイレクトに入ってくる。作家としてふるわない佑人をさしての〈「ああいうのと結婚するんだね」という若干の侮蔑〉を感じれば、〈佑人の仕事に対する評価が私の価値を決めているようで嫌だった〉。外の世界で自立している自覚があるぶん、里奈は佑人以上に、婚約者との輪郭を曖昧にされることにあらがおうとする。
 読み進めるうち、二九歳になったばかりの僕は冷や汗をかく。独身男性専業作家というだけで、こんなにも考え方が佑人に似てくるものか。
「俺のことかよ?」
 でもおそらく、僕や佑人や白岩さんのように独身男性専業作家でない、まったく違う境遇にいる人にとっても「俺のことかよ?」「わたしのこと?」と共感できる小説なのだと思う。
 そしてその〝共感〟のさせ方はどこまでも丁寧で、そこらの共感小説とは次元が違う。共感を目的に書かれたのではなく、登場人物たちによる必死な葛藤合戦の結果として共感がたちあがっているからだ。
 平易な表現方法にこだわった作者の筆致は見事で、婚約期間中に言い寄ってくる異性とのやりとりや、後輩が公開告白するシーンなど、恋愛における駆け引きのシーンを読んでいる最中には本当にドキドキさせられた。二〇歳前後の学生じゃあるまいし、三〇歳近い自分が活字の描写でなんでこんなに揺さぶられてしまうのかと困惑するほどだった。
 しかしそれも考えてみれば当然で、作者である白岩さん自身が小手先のテクニックで書いていないからだ。僕のような貧乏専業作家と異なり量産しないでいい〈高等遊民〉作家であるからこそ、本当に切実なテーマを精査して書かれた珠玉の作品となっている。本書のためだけに書き下ろされた短編「葉子の離婚」もまた至高の作品だ。
 小説以外を含めても一〇年で五冊しか本を出していない作家の五冊目を読む機会を、みすみす逃してはならない。 

 

『ポンツーン』2014年12月号より

★がついた記事は無料会員限定

 関連書籍

『未婚30』白岩玄
書籍はこちら(Amazon)

関連雑誌

→小説幻冬の購入はこちら(Amazon)
→小説幻冬の購入はこちら(Fujisan)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!