毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.11.28

「恋する旅女、世界をゆく」ノスタルジックなサン・テルモ地区の日曜骨董市は
掘り出し物がたくさん! 路上タンゴも必見! 【19人目】

小林 希

「恋する旅女、世界をゆく」ノスタルジックなサン・テルモ地区の日曜骨董市は<br />掘り出し物がたくさん! 路上タンゴも必見! 【19人目】

 

ボニータたち

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスは面積約200k㎡あり、48の地区にわかれている。その中で、さまざまな人種にあふれ、かのタンゴが発祥したサン・テルモ地区は、石畳がつづき、古い建物は哀愁をおびた佇まいをしてどこか歴史を感じさせる雰囲気がそこかしこにある。

16世紀になってスペインやポルトガルが一斉に南アメリカ大陸に進出していた時代、ラ・プラタ川の河口にブエノスアイレスを築いたのは、神聖ローマ帝国より派遣されたペドロ・デ・メンドーサだ。
(ちなみに、アルゼンチンの美味しい赤ワインの産地はメンドーサという街。)

それからブエノスアイレスにコロニアル建築が立ち並び、あっというまに「南米のパリ」と呼ばれるほどパリにそっくりな街並みが築きあげられた。サン・テルモにはその面影がいまだにはっきりとある。

街を貴婦人がドレスで歩き、紳士がスーツでエスコートする。美味しいワインや食事を飲み食べする優雅な生活が続いたが、それも19世紀になって、経済は一変、景気が低迷していくと、サン・テルモに残ったのは奴隷としてやってきた黒人や労働者、移民者だった。

彼らに行くあてもなく、その廃れゆく街で、日々のストレスを解放するかのように酒を飲み、歌い、踊った。男性たちの相手をしていた女性が踊り、男性は女性をエスコートするように踊りはじめた。それがタンゴの始まりだった。

タンゴの音楽がどこか哀愁や切なさに帯びているのは、そういった歴史があるからだ。

高級住宅の多いレコレータ地区で出会った洋服屋のボニータたち(可愛い女性たちのこと)に、サン・テルモのオススメは日曜日の骨董市だと聞いていた。

「普段はもの静かだけど、日曜はとっても賑やかな骨董市が開かれて、観光客がたくさんくるわよ。もちろん、路上タンゴもお見逃しなく」とポニーテールの可愛いボニータがいう。

サン・テルモの日曜骨董市は日曜日を待たなければいけない。とはいえ、ブエノスアイレスは見たいところ、したいことがたくさんあるので、あっという間に日曜日になった。

朝10時にサン・テルモ地区の骨董市の中心地ドレーゴ広場をめざした。すでに大勢の人が道をそぞろ歩き、さまざまな露店が道沿いに、広場に軒を連ねている。カフェの軒先でタンゴを聞きながらコーヒを飲む人たちはすでに歩き疲れたのか、まったりとくつろいでいる。

道を歩き、様々にあるアンティークな食器やアクセサリー、レトロな雑貨を見ていると、それらが昔スペインから渡ってきたであろう時代に思いを馳せ、街並みもいっそう歴史を感じてくる。

それだけではない。路上でタンゴの曲を演奏する若い人たちや音楽にあわせてタンゴを踊る男女にでくわす。雨でも降らなければ、永遠にそれは続きそうな気配だ。

私も何か買ってみよう。
最近ヴィンテージなアクセサリーが好きで、よさそうなものがないかと目を光らせていたら、たくさんあって、実に困った。
パリの蚤の市でさえ、そんなヒット率は高くないのに。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

29歳で会社を辞めてからの世界放浪を綴った「恋する旅女」シリーズ。電子書籍も文庫版も好評発売中です。

恋する旅女、世界をゆく (1)
魅惑のインドネシア・マレーシア・シンガポール編

無料立ち読みはこちら
幻冬舎plusで読む
Amazon Kindleで読む
iBooksで読む
楽天koboで読む
 


恋する旅女、世界をゆく (2)
神秘のミャンマー編

無料立ち読みはこちら
幻冬舎plusで読む
Amazon Kindleで読む
iBooksで読む
楽天koboで読む
 

 

 


恋する旅女、世界をゆく (3)
刺激のタイ・ラオス・カンボジア編

無料立ち読みはこちら
幻冬舎plusで読む
Amazon Kindleで読む
iBooksで読む
楽天koboで読む
 


恋する旅女、世界をゆく (4)
愛しのインド編

無料立ち読みはこちら
幻冬舎plusで読む
Amazon Kindleで読む
iBooksで読む
楽天koboで読む


この4つのシリーズをまとめた文庫版も好評発売中です。

恋する旅女、世界をゆく
29歳、会社を辞めて旅に出た

アマゾンで買う
楽天ブックスで買う
セブンネットで買う
商品情報はこちら

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!