毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.11.21

認知症ケアが新たな輸出の切り札に 超高齢社会がもたらす商機の光と影

渋谷 和宏

認知症ケアが新たな輸出の切り札に 超高齢社会がもたらす商機の光と影

 ご存知のように日本は世界で最も高齢化が進んだ国だ。人口に占める65歳以上の割合を示す高齢化率は25パーセント弱で世界1位、2位のドイツ(21パーセント強)より3ポイント以上高く、アメリカ(13パーセント強)や中国(9パーセント弱)を大きく上回る。しかも高齢化率は今こうしている間にも上がり続けており、このままいくと2060年には何と40%に達するとの試算もある。
 行き過ぎた高齢化は国力・経済力の低下をもたらしかねないので、少子化・高齢化への対策はまさに待ったなしだが、一方で、いずれ高齢社会を迎える他の国々に先んじて高齢化に対応するための様々なノウハウや経験を蓄積できる立場でもある。
 そんなノウハウや経験を生かした新たな注目すべきビジネスが登場している。
 認知症ケアのノウハウ輸出だ。
 介護大手のメディカル・ケア・サービス(さいたま市)は「2016年度にマレーシアで認知症の悪化抑制に重点を置いた老人ホームの運営に乗り出す」と発表した。
 首都圏で老人ホームを約120カ所運営するウイズネットも今年(2014年)11月中に中国・大連市で老人ホームやデイサービス(日帰り介護)の機能を持つ施設の運営を始めるという。
 今はまだ人口構成が若いアジアの国々だが、実は日本を上回る速さで高齢化が進んでおり、認知症ケアが切実な課題になり始めている。介護各社は超高齢社会の日本で培ったノウハウを武器に海外市場を開拓しようというのだ。
 こうした動きは自動車や家電などの製品輸出、鉄道網に代表されるインフラ輸出に続く第3の輸出──ノウハウ、サービス輸出の典型例と言っていいだろう。積極的にビジネスチャンスを開拓しようという企業の姿勢や取り組みは頼もしいが、一方で、複雑な思いもしないではない。
 足元の日本の認知症ケアはそれほど誇れるものなのだろうか。日本は確かに高齢化の先進国だが、高齢化への対応の点でも世界の先頭を走る国だと自信を持って言えるのだろうか。
 認知症ケアのノウハウ輸出に挑む企業の動きと日本の認知症ケアの現状を見てみたい。

 メディカル・ケア・サービスは認知症の高齢者を受け入れるグループホームを全国で約200カ所、運営している。その経験を通して、ソフト、ハードの両面でノウハウを磨いてきた。入居者が自ら身の回りの作業をこなせるように介護スタッフが手助けし、心身機能の維持につなげるサポートの手法や、入居者が転んでしまった時のけがを減らすために床を軟らかい材質にする内装面での工夫などだ。
 同社はそれらを生かして、2015年度中にマレーシアの医療大手HSCヘルスケアグループと合弁会社を設立、日本人の指導者を現地に派遣して、現地で介護スタッフを育成し、HSCがクアラルンプールに建設する複合医療施設内で認知症対応型の老人ホームを運営する。
 入居費用は月4000~7000リンギット、日本円に換算すると月13万~24万円に設定するというから狙いは富裕層だと言っていい。初年度の売上高は1億円以上を見込んでいるという。
 同社が海外進出の橋頭堡としてマレーシアに照準を定めた理由は、高齢化の速さだ。マレーシアの高齢化率は、今は5パーセント強で、日本よりはるかに低い水準だが、2020年には7パーセントを超え、2050年には15パーセントに達すると見られている。
 にもかかわらず認知症ケアについては官民ともに経験値が低く、ノウハウに乏しい。また経済面で見れば、IT産業を中心に工業化が進み、富裕層も続々と誕生している。
 メディカル・ケア・サービスはこれまで培ってきたノウハウを輸出するチャンスだと見たのだ。同社は今後、シンガポールでの認知症対応老人ホームの展開も考えているという。

 一方、この11月に中国・大連市で老人ホームやデイサービス施設の運営を始めるウイズネットは、計算問題を解いたり専門スタッフと会話したりして認知症の悪化を防止するプログラムを提供する。老人ホームの利用料は月4000元(約7万円)に抑え、中間層を開拓するという。
 中国もまた日本を上回る速度で高齢化が進んでいる。今、9パーセント弱の高齢化率は2050年に26パーセント弱に達する見込みで、超高齢社会の到来は目前と言っていい(高齢化率が7パーセントを超えると高齢化社会、同14パーセントを超えると高齢社会、同21パーセント以上を超高齢社会と呼ぶ)。当然、認知症への社会的な関心は強まっているが、マレーシアと同様、ノウハウ蓄積は遅れている。ウイズネットはそこにビジネスチャンスを見出したのだ。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!