毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.11.19

第3回

小学生の「チュー券」に舞い上がる

池谷 孝司

小学生の「チュー券」に舞い上がる

ベストセラー『死刑でいいです 孤立が生んだ二つの殺人』(新潮文庫)の著者で共同通信記者の池谷孝司さんが新刊『スクールセクハラ なぜ教師のわいせつ犯罪は繰り返されるのか』を出版しました。権力を使って生徒を支配し、わいせつ行為に及ぶ教師の実態を多角的に取材・分析した社会派ノンフィクション。本書から一部抜粋して5回シリーズでお届けします。

 

 子どもたちに囲まれた「学級王国」を離れ、理科準備室にいると寂しい。人体模型の骸骨が友達だ。鈴木努は担任を外れて、自分の机を移していた。窓から見える体育の授業風景に、一人、取り残された気がした。

「鈴木先生」
 新学期の朝、四年生になった由美さんが友達を連れて遊びに来た。それから毎日来るようになった。
 間もなく鈴木は誕生日を迎えた。筆記具やノートをくれた子もいたが、由美さんは「お金ないから」と手作りの物をくれた。

「その気持ちがうれしかったんです」
 使い古した人形。「お手伝い券」に「肩たたき券」。次々にくれた。「ゆうこうきげん一週間」の「チュー券」まで。「どう使うの? 期限付き?」と聞くと「期限はナシにしてあげる」と由美さんは笑った。鈴木は舞い上がった。

由美さんは芸能界の話題に詳しく、話の内容も口調も大人びていた。
 「担任を離れてから教師とは別の次元で愛情を感じました。今考えると不思議ですが、なぜか深みにはまっていきました」

 四月下旬、初めて二人だけで遊園地に行こうと約束した。「日曜はつまらない」と由美さんが話していたからだった。母子家庭の母親は仕事に出掛け、中学生の姉も外に遊びに行く。仲のいい友達もいなくて家で独りぼっちだった。

だが、鈴木が「二人だけの秘密」だと思っていた約束を由美さんは同級生の男の子に漏らしてしまう。
鈴木は思わず声を荒らげた。
 「そんなことしたら、一緒に行けないよ」
 由美さんは「えこひいき」してもらったと周囲に自慢したいようだった。
 「口止めしなかったけど他の子に言うなんて」
背伸びしても子ども。こっそり出掛けようとした鈴木は「非常識」な行動を怒鳴りつけていた。
 鈴木によく「キレると怖い」と言った由美さんは、後の捜査でこう話した。
 「いつもは優しくていい先生ですが、怒る時は怖い顔をして机をバーンとたたく。怒られると、誰でも肩をすくめておとなしく黙ってしまうという怖い所もありました」

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら
書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!