毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.11.18

試し読み

第一回
生きることが生きる目的です。
求めすぎるのをやめなさい

平井 正修

第一回<br />生きることが生きる目的です。<br />求めすぎるのをやめなさい<br />

9月下旬に発売された平井正修さんの『花のように、生きる。』が、じわりじわりと全国に広がっています。誰もが抱える「どう生きるか?」という悩みに対して、「花のように」という涼やかな指針を与えてくれた本書。では、花なような生き方とはどのようなものなのでしょう? 本書から一部抜粋してお届けします。
 

「あなたが生きる目的は?」
 そんな問いに、みなさんはどう答えるでしょうか。回答はいくつもありそうです。幸せになること、仕事で成果をあげること、欲しいものを手に入れること……。たしかに、それらを目的として生きているという人は少なくないでしょう。それが悪いことだというつもりもありません。
 しかし、ここでひとつ考えてみて欲しいのです。「人間以外の命あるものの生きる目的は何か」ということを……。生きることそれ自体が目的なのではありませんか? 
 生きるために生きる。何やら禅問答めきますが、それが「ただ生きる」ということであり、生きるということの原点ではないでしょうか。
 社会のしくみが複雑になり、利便性がどんどん増し、物があふれている、という現代に生きていると、その原点を見落としそうになる。しくみをうまく活用し、利便性を謳歌し、少しでもたくさん物を得る、ということがないと、満足できなくなっている、という気がするのです。
 しかし、そこにあるのは「もっと、もっと」というさらなる渇望です。もっとうまく活用できないか、もっと便利にならないか、もっといいものが手に入らないか、という塩梅。求めすぎのスパイラル、欲望のスパイラルに陥りやすい、いや、すでに陥っているのが現代人なのではないでしょうか。そして、「もっと」が叶わないことが、悩みや不安、不満の種になっている。
 原点に立ち返る必要があるのではないか、と思います。生きているそのこと自体がすばらしい、というところに立てば、見える景色はよほど変わってくる。「もっと」は大きく減じられます。花は根を下ろしたその場所で生きています。もっと肥沃な土地なら、もっと日当たりがよかったら、より美しく咲くなんてことはないのです。生きる原点を見つめ直しませんか?
 

<読者からの感想>
「平井先生の言葉で、命拾いしました。家族の言葉に傷つき、絶望し、苦しんでいました。そんなときに朝日新聞で、この本を知り、手にしました。やすらぎと生きる力をあたえていただきました」

「”花のように、生きる。”という言葉で泣きました。老いた私の頬に涙が流れ、自分に驚きました」

「心やすまる本です。人として歩む道を示されました」


 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら
書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!