毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.11.14

なぜ禅の世界において梅が尊重されるのか。

はじめに

平井 正修

はじめに

9月下旬に発売された平井正修さんの『花のように、生きる。』が、じわりじわりと全国に広がっています。誰もが抱える「どう生きるか?」という悩みに対して、「花のように」という涼やかな指針を与えてくれた本書。では、花なような生き方とはどのようなものなのでしょう? 本書から一部抜粋してお届けします。
 

 現代の日本人にとっては花といえば桜であろう。しかし、禅の世界においては、花といえば梅か桃が代表的だ。とくに梅は、寺名にその字が入った寺も多く、禅語にも梅にまつわる語は多い。
 禅宗の寺に行けば必ずといっていいほど梅の木がある。わたしが修行していた、静岡県三島市の龍澤寺という道場にも広い広い梅園があり、一月、二月は、全山がその芳しい香りに包まれる。そして六月になると、枝がしなるほどの多くの実を、雲水総出でとり、梅干を漬ける。
 いまでも時期になると、わたしは全生庵の境内の梅の実をとり、毎年、梅干と梅酒を自分で漬けている。
 なぜ禅の世界において梅が尊重されるのであろうか。その理由は大きく三つある気がする。
 一つは、寒中に咲くこと。
 二つは、芳しい香りがあること。
 三つは、実を結ぶこと。

 もともと仏教において、花は仏の慈悲をあらわすものだが、禅においては「無心」の象徴でもある。さらに、花が咲くとは悟りを開くことをあらわすものでもある。厳しい修行を積み、悟りを開く、その姿を寒中に咲く梅の花にあらわしたのだろう。
 そして、どんな厳しい環境に置かれようと、節操をまげずにまっすぐに修行していく姿に、梅の芳しい香りを感じたのではないだろうか。
 さらに、結果がどうであれ、自分のなさねばならないことに真っ向から向き合った経験は、必ず自分自身のなかに刻み込まれていく、そのことを実を結ぶことに重ねたのではなかろうか。
 現代に生きるわたしたちは、経済性、利便性をかぎりなく追求した物に囲まれ、ありあまる物と情報のなかで豊かに暮らしている。
 しかし、ほんとうにわたしたちは豊かなのだろうか。
 わたしたちの心は豊かになったのだろうか。
 そもそも心の豊かさとは何であろうか。
 そんなことを花を題材に語ってみたくなった。

二〇一四年  夏
全生庵 平井正修
 


 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら
書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!