毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.11.30

第4回 一人でできるもん

いとうあさこ

第4回 一人でできるもん

 改めて“一人ぼっち”の意味を調べてみたら「仲間や頼る人がいなくて、ただ一人であること」だそう。載ってた例文が「ひとりぼっちで置き去りにされる」。類語「孤独」。調べなきゃよかった。なんか怖い。
 一人カラオケ、一人焼肉、一人ラーメンなどなど。いろいろ“一人”がつく行動がなんとなく市民権を得てきた今日この頃。私は意外にこういう一人○○が苦手。特に夜一人で飲みに行くのが出来ないんです。
 飲んでる時どこ見てればいいかもわからないし、その視線をごまかす為に携帯いじったり本読んだりしたとしても限界があるし。じゃあ常連になってマスターやお客さんと仲良くなればとも思うんですけどね。それやっちゃうと静かにゆっくり飲みたい時があってもそこに行った時は常に喋らなきゃ、みたいになっちゃうとめんどくさいなぁ、とか。ま、要は自意識過剰なんです、私。とにかくなんか緊張しちゃうんですよねぇ。

 そんな私が唯一、一人で出来る、というよりむしろ一人でしたいのが“映画館に行く”です。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!