毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.11.10

『だからこそ、自分にフェアでなければならない。プロ登山家・竹内洋岳のルール』刊行記念

写真家・小林紀晴×プロ登山家・竹内洋岳トークショー&サイン会

写真家・小林紀晴×プロ登山家・竹内洋岳トークショー&サイン会

『だからこそ、自分にフェアでなければならない。プロ登山家・竹内洋岳のルール』の刊行を記念して、日本人唯一の14サミッターであるプロ登山家・竹内洋岳氏と、八ヶ岳のふもとで生まれ育った写真家・小林紀晴氏が、「山の魅力」「山に登るということ」「美しい登山」……について語ります。

このイベントに、幻冬舎plusの無料会員様の中から2名様をご招待いたします。 →詳細はこちら


イベント詳細

開催日時:2014年11月28日(金) 開演19:00 (開場18:30)
開催場所:MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店 7階喫茶コーナー
定員:50名
入場料:1000円(1ドリンク付)

※ご参加にはご予約が必要です。
※サイン会はトークショー終了後、20時頃からを予定しております。

お問い合わせ・ご予約は下記まで
MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店(東急百貨店本店7F)
電話:03-5456-2111
営業時間:10:00~21:00


プロフィール

竹内洋岳(Takeuchi Hirotaka)
1971年東京都生まれ。プロ登山家。立正大学客員教授。(株)ICI石井スポーツ所属。高校、大学で山岳部に所属。95年にマカルー登山隊に参加し、8000m峰初登頂。2012年14座目のダウラギリに登頂し、日本人初、世界で29人目の8000m峰14座完全登頂を果たす。

小林紀晴(Kobayashi Kisei)
1968年長野県生まれ。写真家、作家。1995年「ASIAN JAPANESE」でデビュー。97年「DAYS ASIA」で日本写真協会新人賞、2013年写真展「遠くから来た舟」で第22回林忠彦賞を受賞。著書に『ASIA ROAD』『写真学生』『メモワール 写真家・古屋誠一との二〇年』など。


竹内さん、小林さんの対談記事はこちら

前編 選手生命が絶たれたとき、身体生命も絶たれる登山家は恵まれている。

後編 プロ登山家ならば死を見せてもいいと思っている。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

小林紀晴『だからこそ、自分にフェアでなければならない。プロ登山家・竹内洋岳のルール』
電子書籍はこちら
書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 終電族から主婦の方まで!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした。
  • 共感必至のエッセイ集
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
  • AAAデビュー11周年記念ドキュメント小説!
  • こんな男のどこがいいのか?著者会心の成長小説!
からだを若く保つ、整体の知恵!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!