毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2014.11.10

『だからこそ、自分にフェアでなければならない。プロ登山家・竹内洋岳のルール』刊行記念

写真家・小林紀晴×プロ登山家・竹内洋岳トークショー&サイン会ご招待!

写真家・小林紀晴×プロ登山家・竹内洋岳トークショー&サイン会ご招待!

プレゼントの応募期間は終了しました。たくさんのご応募、ありがとうございました!

『だからこそ、自分にフェアでなければならない。プロ登山家・竹内洋岳のルール』の刊行を記念して、日本人唯一の14サミッターであるプロ登山家・竹内洋岳氏と、八ヶ岳のふもとで生まれ育った写真家・小林紀晴氏が、「山の魅力」「山に登るということ」「美しい登山」……について語ります。

このイベントに、幻冬舎plusの無料会員様の中から2名様をご招待いたします。
まだ会員でない方も、こちらから無料の会員登録をしていただくとプレゼントに応募ができます。ご応募は下記のボタンから。

プレゼントの応募期間は終了しました。たくさんのご応募、ありがとうございました!

応募締切:11月19日(水)23:59
※当選された方には、11月21日(金)中までにメールにてご連絡いたします


イベント詳細

開催日時:2014年11月28日(金) 開演19:00 (開場18:30)
開催場所:MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店 7階喫茶コーナー
定員:50名
入場料:1000円(1ドリンク付)

※ご参加にはご予約が必要です。
※サイン会はトークショー終了後、20時頃からを予定しております。

お問い合わせ・ご予約は下記まで
MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店(東急百貨店本店7F)
電話:03-5456-2111
営業時間:10:00~21:00


プロフィール

竹内洋岳(Takeuchi Hirotaka)
1971年東京都生まれ。プロ登山家。立正大学客員教授。(株)ICI石井スポーツ所属。高校、大学で山岳部に所属。95年にマカルー登山隊に参加し、8000m峰初登頂。2012年14座目のダウラギリに登頂し、日本人初、世界で29人目の8000m峰14座完全登頂を果たす。

小林紀晴(Kobayashi Kisei)
1968年長野県生まれ。写真家、作家。1995年「ASIAN JAPANESE」でデビュー。97年「DAYS ASIA」で日本写真協会新人賞、2013年写真展「遠くから来た舟」で第22回林忠彦賞を受賞。著書に『ASIA ROAD』『写真学生』『メモワール 写真家・古屋誠一との二〇年』など。


竹内さん、小林さんの対談記事はこちら

前編 選手生命が絶たれたとき、身体生命も絶たれる登山家は恵まれている。

後編 プロ登山家ならば死を見せてもいいと思っている。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

小林紀晴『だからこそ、自分にフェアでなければならない。プロ登山家・竹内洋岳のルール』
電子書籍はこちら
書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!