毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2012.07.29

2012年7月26日

ロンドンオリンピック2012 男子サッカー グループD 日本 VS スペイン

ヤシキ ケンジ

ロンドンオリンピック2012 男子サッカー グループD 日本 VS スペイン

 サッカー日本代表 サムライブルー マッチインフォメーション

SAMURAI BLUE vs ニュージーランド
2012.7.26 イギリス・グラスゴー
 
 
 他の競技に先立ってサッカーの五輪は始まったようで。
 なでしこはともかく、男子サッカーがメダルを獲れるかどうかというのは、正直どうかもよく分からないし、そりゃ選手は獲りたいんだろうけど、見てるこっちは別にどっちでもいーよと思ってしまう。ただ、ひとりのサッカー好きとしてスペインやブラジル、ウルグアイなどの強豪国との勝負をひとつでも多く見れる機会があるのは単純に嬉しい。
 この連載は基本的にA代表最終予選を追いかけていくつもりだったし、6月の3連戦から次のA代表の試合まで結構間が空いてしまうなあ、などと呑気に構えていたときの五輪なわけで、A代表までの中継ぎくらいの気持ちで見ようかなどと思っていた。
 しかし気づけば、今回の快挙である。ミーハーな私がこの快挙に飛びつかない理由がない。
 思えば五輪本番前の3試合の強化調整試合で、U23日本代表は負けなしで本番に臨んだ。
 
・ニュージーランド 1-1
・ベラルーシ 1-0
・メキシコ  2-1
 
 五輪参加国相手に負けなしの堂々の勝ち点7。グループ突破が出来る成績にも関わらずU23はなにかと批判の対象にさらされていた。
 内容が良くないだとか、相手が本調子ではないなどと言われたい放題だったが、
 そんなことを言う奴には「今までの弱い日本が本調子ではなかったんだ」と言ってやれ!! 誰が誰に言うのか分からないが。
 
 今回のU23日本代表が採っている4-2-3-1というフォーメーションのようにサッカーにはいろんな細かい戦術があって素人の私を混乱させる。
 現在世界のトップを走るクラブチーム バルセロナ。その永遠のライバルであるレアル・マドリーの指揮官モウリーニョはバルセロナを倒すためにいろいろな戦術を試みていろんな戦術を練ってはいるが、負けることの方が多い事実を見ていて、サッカー戦術とは難しいものであると常々思っていた。専門用語も多いし。専門用語を覚えた奴というのは、サッカーの話をしているとすぐに覚えたての用語を使いたがるのも特徴である。こんなこと言ってる私も新しく覚えた選手の名前をついつい口に出してしまう事が多く、まるで中学生が覚えたてのマニアックな洋楽のアーティスト名を得意げに言ってるようで恥ずかしいものだなと後から一人赤面していたりする。
 ちなみに来シーズン勝手に注目している選手はプレミアリーグのニューキャッスルに所属するFWパピス・シセ! 嗚呼、言ってしまった(赤面)。
 
 そんなことはどうでもよくて、今回のU23スペイン代表もバルセロナと同じ4-3-3のフォーメーションであった。
 そんなスペイン相手に日本が採った戦術は至ってシンプルなものだった。
「とにかく永井を走らせる」。
 細かい戦術なんかクソ喰らえ、永井よ常に走りまわれ!! という戦術が攻守共にバッチリはまり、世界ランク1位のスペインを混乱に陥れることに成功していた。
 永井のスプリント力は、「アイツホントは陸上の選手なんじゃネーノ?」とスペインから思われても仕方がないほどの速さでボールをチェイスしまくっていた。
 いくつかの決定機をことごとく外してしまったことが悔やまれるが、
 今度からは、打撃力こそないがランニングホームランをする野球選手のように、無理してシュートなど打たずにドリブルでキーパーも抜いてそのままゴールした方が決定力があるように思う。
 永井選手の異常な速さとそのスタミナ、そして90分間のアッパーなハイテンションをいぶかしんだ五輪委員会から試合後、ドーピング検査対象になり長時間のドーピング検査を受けたというのも納得のキレっぷりだった。
 W杯初出場を決めた元祖野人FW岡野のように、永井選手もまた日本サッカー野人の歴史に名を刻みこんだのである。
 
 
 よく言われている日本がブラジルに勝った「マイアミの奇跡」というのがあるけども、あれ、ブラジルのDF選手が思い切り宙返りするほど転んだことが奇跡であるようにしか思えなくて、なんだか勝ったのも「事故」が起きて勝った位にしか思っていなかったが、このスペイン戦の勝ちは事故などではなく、内容もゴールシーンもきっぱりとハッキリと勝てたんだと確信できる試合でした。
 もちろんこの後、グループ突破を果たして欲しいが、スペインを破ったというこの1試合で実は結構腹八分目だったりもするのです。それくらい楽しめた。
 願わくば、このスペイン戦以上に興奮する試合、例えば韓国とかブラジル戦とかそういう試合を観てみたい!!

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!