毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.11.10

第18回

あなたの応援がチームを強くする

岡田 仁志

あなたの応援がチームを強くする

 いよいよ、このプロジェクトも正念場である。11月16日の開幕まで1週間を切ったが、本稿執筆時点では、まだどの試合のチケットについても「完売」のアナウンスは聞こえてこない。私も〆切ギリギリまで原稿を書かないタイプなので、行くつもりなのにギリギリまで予約をしない人の気持ちもわからないでもないが、そろそろチケットを買おうじゃないか(※)。開幕前の更新は今回が最後なので、選挙カーにでも乗り込んでそこらを走り回り、マイクを握って「最後のお願いに参りました!」と声を張り上げたい気分だ。どうかお力をお貸しください! みなさんの応援が、私たちの代表チームを強くするのです! 

 実際、選手たちに聞くと、観客の応援は本当に力になるという。その価値は、日頃から多くの観客の前でプレーしているプロの選手たちより、ふだんはスタンドさえないグラウンドでプレーしている彼らのほうが、身に染みてわかるのかもしれない。日本では2009年と2011年の二度、アジア選手権が開催された。満員にはならなかったものの、そこで送られた声援が選手たちから大きな力を引き出したことは間違いない。とくに2011年の韓国戦における大逆転劇(2-1)は、ホームらしい熱気と愛情に包まれたスタンドの後押しがなければあり得なかっただろう。強豪国のひしめく世界選手権となれば、それに倍する応援が必要だ。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!