毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.11.14

「恋する旅女、世界をゆく」ブエノスアイレスの美女が教える世界で二番目に美しい本屋さん【18人目】

小林 希

「恋する旅女、世界をゆく」ブエノスアイレスの美女が教える世界で二番目に美しい本屋さん【18人目】
美人の女医 ロナミ

ブエノスアイレスには美しく立派な建造物が多い。人の住むアパートメントにしても、商業施設にしても、歴史的な建物だってすべてに趣がある。ただひとつ残念なのは、かつて世界トップの経済成長を果たしたアルゼンチンも現在では経済不況が続き、国家の財政は破綻間近。それゆえ、美しいはずの建造物は清掃や修復されぬまま、汚れた顔を落とせないでいるような感じがする。

そんななか、感動的な建物に出会った。いや、ファサード自体に圧倒されたわけではない。圧倒的な感動は、中に入ってから起きた。

そこは、ブエノスアイレスのレコレータ地区、サンタ・フェ通りにある本屋さんだ。本屋さんが「圧倒的な感動!」なんて半信半疑だったけれど、そこを紹介してくれたのは、黒猫カフェEL GATO NEGROで出会った美人の女医さんロミナ。

黒猫カフェで、可愛い黒猫のプリントされたカップでコーヒを飲みながら、ロミナが「ブエノスアイレスのオススメを教えてあげる!」と言ってきた。

それはありがたい! 是非とお願いすると、
「たぶん有名だから知ってるかも。ここからそんな遠くないわよ。そこはね、『世界で二番目に美しい本屋』なのよ」
と教えてくれた。

世界で二番目と決めたのは、イギリスのThe Guardin紙らしい。

「本当にゴージャスで美しいと思う。私が行ってほしいと思うのは、そこがかつて実際に使っていた劇場だったからなの。そんな本屋なんてどこにもないわよ! ブエノスアイレスの歴史もそこで感じられるはず」

よく、「美しい」と評価されるものには、インテリアデザインが素晴らしいとか、偉大な建築家が建てたとか、莫大な資金がかかっているからとか、そういうものが含まれる。

それはそれで魅力的ではあるのだけど、それがただの「本屋」であって、でも「世界で二番目の美しさ」と言われ、しいては「歴史を感じる」というのだから大変興味深い! 

向かった日は少し曇り空だった。
本屋さんで時間をつぶすにはちょうどよさそうな日。

入り口はとてもシンプル。それが思いのほか、来店者を効果的に感動を呼ぶしくみになっているよう……。中に入って広がる空間は、本屋らしからぬ優雅さ、豪華さがあって、煌びやか。天井にはフレスコ画が描かれ、奥には舞台が……。そ〜らそうだ。だって、かつてここはオペラ劇場だったのだから

エル・アテネオは、1919年にオペラ劇場としてオープンし、その舞台には国民的なタンゴの歌い手カルロス・ガルデルなども活躍したという。1920年後半は映画館になって、初めての音声映画の上映が行われた記念すべき場所でもある。そうして2000年には現在の書店となった。時代とともに歩んできた歴史がある。

店内をゆっくり歩いてみた。オペラ劇場の雰囲気を存分に残した空間で、一階は書棚が並べられているけれど、二階や三階のボックス席だった所も、現在カフェとなっている舞台も、舞台の左右横にあるボックス席も、当時の椅子こそないものの、どのように人々がオペラを楽しんでいたのかが想像できる。

高貴な紳士淑女が正装して訪れる場所だったのだから、優美さがあって当然だろうし、気づけば……なんだか私まで貴婦人のような気分になれちゃったり? まあ、なんだかいい気分というわけ!

当時1050席あった座席は取り除かれたものの、各所に置かれて来店する人々が座って本を読んだり、くつろげるようになっている。ゆったりとした贅沢な時間が流れている。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

29歳で会社を辞めてからの世界放浪を綴った「恋する旅女」シリーズ。電子書籍も文庫版も好評発売中です。

恋する旅女、世界をゆく (1)
魅惑のインドネシア・マレーシア・シンガポール編

無料立ち読みはこちら
幻冬舎plusで読む
Amazon Kindleで読む
iBooksで読む
楽天koboで読む
 


恋する旅女、世界をゆく (2)
神秘のミャンマー編

無料立ち読みはこちら
幻冬舎plusで読む
Amazon Kindleで読む
iBooksで読む
楽天koboで読む
 

 

 


恋する旅女、世界をゆく (3)
刺激のタイ・ラオス・カンボジア編

無料立ち読みはこちら
幻冬舎plusで読む
Amazon Kindleで読む
iBooksで読む
楽天koboで読む
 


恋する旅女、世界をゆく (4)
愛しのインド編

無料立ち読みはこちら
幻冬舎plusで読む
Amazon Kindleで読む
iBooksで読む
楽天koboで読む


この4つのシリーズをまとめた文庫版も好評発売中です。

恋する旅女、世界をゆく
29歳、会社を辞めて旅に出た

アマゾンで買う
楽天ブックスで買う
セブンネットで買う
商品情報はこちら

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!