毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2014.10.31

ロザンさん、『京大芸人式日本史』刊行記念サイン会@東京、大盛況でした!

ロザンさん、『京大芸人式日本史』刊行記念サイン会@東京、大盛況でした!

10月30日(木)、福家書店新宿サブナード店にて、ロザンさんのサイン会が行われました。大勢のお客さんがご参加くださり、大盛況のうちに終わりました。

『京大芸人式日本史』は、発売から1週間で増刷を2回かさね、アマゾンでも総合5位(10月30日12時現在)にランクインと、大・大好評。

サイン会前の、マスコミ会見では、菅さん、宇治原さんのおふたりが、今回の本についての思いをお話になりました。

「日本史を、物語のように読めば、頭に入って、忘れない」という宇治原さんのアドバイスにしたがって、菅さんが書いた爆笑日本史物語。

宇治原さんが日本史をいったん要約したものを、菅さんがそこから、まったく違う形の小説にしたとのこと。出来上がったものを読んで宇治原さんは「ほんまに、おもしろい」と思ったと絶賛。

「小説にする過程で、日本史の流れの幹みたいなものがわかっていったんです」と菅さん。それが生かされた本書が好評な理由が、わかりました。

 

会見の記事はこちらからも読めます。

●ロザン・菅「宇治原さんがまとめてくれたから書けた」と相方に感謝!
 著書『京大芸人式日本史』刊行記念サイン会

●「ロザンとしてできた本」菅が宇治原に感謝

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!