大島弓子を分かりたがる男たちはキモい

 大島弓子ファンであることを自慢したことは一度もありませんが、そういう男性ファンは多いらしく、長年の友人、吉田保が編集長をしている「フリースタイル」という総合文化誌(2005年10月)を読んでいたら、やまだないとと福田里香とよしながふみによる「私たちの『少女漫画』」という特集の鼎談が掲載されていて、そこにこんな会話がありました。
やまだ 男の人って大島弓子、分かりたがるよね。
よしなが 学者の先生とか好きですよね。なんでなんだろう。
やまだ [略]私がゲイの人たちに、私、ゲイの気持ちが理解できるって少女マンガの感覚で言っちゃうみたいな居心地の悪さ、恥ずかしさを感じるのね、男の人が大島弓子を解き明かそうとするのを見てると。そりゃ無理だよ、女の子に生まれなかったんだからあきらめな、って思うんだけど。[略]だって男の人が大島弓子を解き明かそうとするとさ、必ず『バナナブレッドのプディング』でしょ。それでセックスがどうのこうのって言い出すじゃん(笑)」

 かくして、大島弓子を分かりたがる男のファンとか学者の先生とかは、端的にいって女性にとって「キモい」のだなということをキモに銘じたわけですが、この話題には続編があって、そちらはさらに大変なことになっていました。

三浦[しをん] 私は一時期インテリみたいな男の人が、24年組を語るのがホントに腹立たしかったんですよ。しかも彼らはちゃんと読めてないんですよ![略]大島弓子さんのマンガは、男の人に誤解されて好かれている、とプンスカしてました。
よしなが[ふみ] 『綿の国星』の猫耳のチビ猫ちゃんを見て、『あれが少女の化身で』って言い方をするんだけど、違う、私たちが同化しているのはむしろ時夫で彼に共感してチビ猫を眺めているのであって、誰もチビ猫に共感していつまでも少女でいたい願望をこのにゃんこに託したりなんかしていません私たち! みたいな。
三浦 そうなんですよ! 何一つわかっちゃいない!」(よしながふみ対談集『あのひととここだけのおしゃべり』)

 こんなふうに女性たちは苛立っていたわけです。もちろん、逆に、なぜ女性たちはとりわけ大島弓子ファンの男性をそんなに腹立たしく感じるのかという問いも可能ではあり、おそらくそこにはジェンダーの微妙な問題も介在しているのでしょうが、それはともかく、男性の女性庇護的、すなわちファロサントリック(男根中心主義的)な解釈を超えて、大島弓子の世界を眺めたらどんな風景が見えてくるか、という問いにたいする回答のすぐれた試みが、今回取りあげる『大島弓子にあこがれて』だというわけです。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中条省平『マンガの論点』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

10年前すでに戦争とテロと格差社会を描いていたマンガは、つねに世相の3歩先を映し出す予言の書である。そしてその後、何を予言し的中させてきたか。マンガを論じるとは、まさにこれを読み解くことでもある。『デスノート』『ソラニン』『すーちゃん』『へうげもの』『闇金ウシジマくん』『20世紀少年』『この世界の片隅に』『JIN-仁-』『PLUTO』『鋼の錬金術師』etc.からフランスのマンガBD【ルビ:ベーデー】まで、この10年間の数百冊を取り上げ、読み方のヒントを明示し、現代日本そのものを読み解く。


中条省平『マンガの教養』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

マンガなど読んでいてはバカになる―そう嘆く世の風潮を激しく批判し、マンガと劇画を擁護した三島由紀夫は、かつてこう説いた。「若者は、劇画や漫画に飽きたのちも、これらを忘れず、突拍子もない教養を開拓してほしい。貸本屋的な鋭い荒々しい教養を」と。そして今、大学中心の教養主義が崩壊し、かつて「反」の象徴だったマンガが教養として語られる時代となった。ギャグから青春、恋愛、歴史、怪奇、SFまで豊饒たるマンガの沃野へ踏み出す第一歩のための、最適な傑作100冊とその読み方ガイド。