毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.10.15

第1回

大ベストセラー『京大芸人』発。
“笑って学べる”日本史の勉強本できました!

菅 広文

大ベストセラー『京大芸人』発。<br />“笑って学べる”日本史の勉強本できました!

ロザンの菅広文さんの書いた『京大芸人』と、シリーズ第2弾の『京大少年』は、累計20万部を突破する大ベストセラーです。

京大卒のインテリ芸人としてクイズ番組などで活躍しているロザンの宇治原史規さんは、独自の合理的な勉強法を編み出し、それを生かして京大合格を果たしました。その方法について、相方の菅広文さんが『京大芸人』で紹介しているのは、ご存知の方も多いでしょう。

そして、この度、シリーズ第3弾が刊行されることになりました。その名も『京大芸人式日本史』。「日本史を学ぶコツは物語のように教科書を読むことだ」という持論を持っている宇治原さん。そんな彼の方法論を生かして、菅さんは「読みやすい日本史の物語」を新たに作ることにしたのです。笑って学べるオリジナリティにあふれた日本史小説。果たして、この作品はどうやって生まれたのでしょうか?

(インタビュアー:ラリー遠田)

撮影:茂呂幸正

――この本を書いたきっかけは?

 『京大芸人』という本にも書いたんですけど、宇治原からそれぞれの科目の勉強法を聞いたんです。その中で「日本史は教科書を物語のように読めばいい」というのがあって。それはいいなあと思って読み返したんですけど、僕には難しくて物語のように楽しくは読めなかったんですよ。あっ、それだったら自分で物語にしてみたら面白いんじゃないかな、と思ったのがきっかけですね。

――「物語のように教科書を読む」という宇治原さんの理論は、具体的にはどういうことなんでしょうか?

宇治原 みんなが日本史の話をするのを聞いていると、歴史的な出来事の順番を間違えてたりとかすることが多いんですよ。それで、なんでそんなにゴチャゴチャになるんやろうなあ、と考えたんですね。例えば、自分の好きな連続ドラマを毎週見ていたら、そのストーリーの順番を間違えることはないじゃないですか。第1話からの流れを説明してって言われたら、みんな説明できるわけですよ。

だから、日本史もそういうふうにストーリーとして覚えていたら、みんなも間違えないんじゃないかなあ、と思ったんですよね。あっ、前のあの話はここにつながってるんや、とか。この人の子孫がこれになってるんや、とか。そういうことを思いながら読むと忘れない。

僕自身、日本史の教科書を読むときに、時代ごとにバラバラに読むよりも、最初から最後まで通して読んだほうが頭に入るなあっていうのが経験上あったんで。物語として読むというのはそういうことです。

――本書の冒頭では、菅さんがセンター試験の日本史の問題に久しぶりに取り組んだら、全然解けなくて落ち込んだという話が出てきますが、これは実話ですか?

 そうなんですよ。たまに見返したりするんですけど、ようこんなん解いてたな、っていうのがあって。英語とかそういうのができないのはいいんですけど、日本史は結構自信があったんですよ。それが全然分からんようになってたのが衝撃でしたね。

――この本を書くときに意識したことはありますか?

 一番意識したのは、あまり語句を覚えなくてもいいように書く、ということですね。「平安時代」「江戸時代」とかそういう時代ごとにも分けていないんですよ。語句は関係なく、時代も気にせず、流れで読めるようにしました。あと、その時代ごとに幕府とか都があった場所によって、出てくる人の言葉を標準語にしたり関西弁にしたり、っていうこともやりました。

――菅さんはこの本を書くにあたって、宇治原さんから日本史について何か教えてもらったりしたんですか?

 はい、宇治原にある程度の骨格になる部分を説明してもらったんです。縄文時代から現代までの大まかな流れをバーッて文章で書いてもらって。それだけではやっぱり読みやすくはなかったので、それをいかに簡単に読めるかというふうに考えて。それでタイムマシーンで歴史上の人物に会いに行くということにして、その人の設定を決めたりしていった、みたいな感じですかね。

でも、もちろん宇治原も詳しいんですけど、歴史って変わっていくじゃないですか。僕らが習っていた頃の知識と今の最新の研究には違いがあったりするので。ああ、ここもこう変わってるのか、とか思いながら書きました。

――鎌倉幕府の成立が1192(いい国)年じゃなくて1185(いい箱)年になっている、とか。

 そうそう。それって、知らん人も結構いると思うんですよね。

――書くときに最も苦労したところは?

 やっぱり第二次世界大戦のあたりですね。あの辺は結構サラッと行ってると思うんですけど。現代に近付くほど難しいなあと思いましたね。外交的なこともあるから複雑になってくるし。

宇治原 あと、現代の話って面白い話をしにくいんですよ。昔の話だったら、分かってる事実が少ないからいろいろ創作できるところがあるんですけど、現代はそうはいかないので。

第2回につづく

 

★がついた記事は無料会員限定

『京大芸人式日本史』菅広文 著。幻冬舎より10月24日発売。

累計20万部の大ベストセラー「京大芸人」シリーズ発! ロザン・菅が書く、爆笑日本史物語。
教科書より頭に入る、今までなかった、おもしろ勉強本です。

書籍の購入はこちら(Amazon)


大阪でも決定! 東京、大阪で、サイン会。
『京大芸人式日本史』刊行記念
ロザン サイン会 開催のお知らせ

菅広文著『京大芸人式日本史』の刊行を記念しまして、
ロザンの菅広文さん、宇治原史規さんのおふたりそろってのサイン会を下記の通り開催いたします。

◆東京

日時:2014年10月30日(木) 18時~
場所:福家書店新宿サブナード店
※要整理券。
お問い合わせ:03-3350-0329 (福家書店新宿サブナード店)

詳細は下記福家書店様のHPよりご確認ください。
http://www.fukuya-shoten.jp/event/

◆大阪

日時:2014年11月9日(日) 14時~
場所:ジュンク堂書店千日前店
※要整理券。
お問い合わせ:06-6635-5330 (ジュンク堂書店千日前店)

詳細は下記ジュンク堂書店様のHPよりご確認ください。
http://www.junkudo.co.jp/mj/store/event_detail.php?fair_id=7170

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!