毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.10.06

毒きのこ通信①モエギタケ

新井 文彦/白水 貴

毒きのこ通信①モエギタケ


秋といえば、きのこの季節。と同時においしいきのこにまぎれこむ「毒きのこ」にも要注意の時期。いま巷を騒がせている猛毒の「カエンタケ」(写真下)に始まり、食べちゃだめ、触っちゃだめ、のフシギな43種の毒きのこの生態を紹介した『毒きのこ 世にもかわいい危険な生きもの』(新井文彦:写真/白水貴:監修/ネイチャー&サイエンス:構成・文)。本書の刊行を記念して、内容の一部をダイジェストでお届けします。

いま話題のカエンタケ。猛毒とわかりやすい炎のような赤色。致死量はほんの3グラムだそう


彩りも立ち姿も魅惑的、ミステリアスな森の妖精、毒きのこ。
トップバッターは「ヌメリが光る森の宝石 モエギタケ」です。

幼菌の傘のヌメリは、害虫から傘を守るためといわれている。 

 

モエギタケ
メラルドグリーンの宝石のようなモエギタケの幼菌。幼菌のときには、傘にヌメリがあります。ヌメリのあるきのこといえば、ナメコ。ナメコもモエギタケと同じモエギタケ科です。ただし、ヌメリがたっぷりあるのは幼菌のときだけ。成長するとナメコ同様ヌメリは減り、雨で流されます。
可食説と有毒説がありますが、詳細は不明。近い仲間のきのこで、気分が悪くなるなどの症状が出たという報告もあるので、食べるのは控えましょう。

 

======================

data
漢字表記 : 萌黄茸
学  名 : Stropharia aeruginosa
(Curtis) Quél.
生える場所 : 雑木林の林床
生える時期 : 夏~秋
傘の直径 : 3~7cm
柄の長さ : 4~10cm
中毒症状 : 海外では有毒とされ、幻覚成分を
含むという説もあるが、日本産の詳細は不明。

 

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
  • 山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 「日本3.0」時代を生き抜くための必読書
  • からだを若く保つ、整体の知恵
  • 10分以内で作れて、洗い物も少なめ、一皿で食べられるヘルシーレシピ集
神仏のご加護をもらうコツを全編書き下ろし
山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!