毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2014.09.30

第15回

壮大なオーロラに心も言葉も奪われた夜

竪谷 博

壮大なオーロラに心も言葉も奪われた夜

 こんにちは。第55次日本南極地域観測隊。調理隊員のタテヤです。
 前回は極夜明けの太陽が昇ってきたところまででした。今回はその続き、7月中旬からのお話です。

 7月15日。国内の小学校と昭和基地を生中継でつなぐ「南極教室」に出演しました。子供たちからは、やっぱり食べ物の質問が多いですね(^^)。


 国内の小学校と中継をしている時の様子です。


 7月16日。月がとてもきれいに出ていました。


 7月17日。浜名湖のウナギ白焼き!


 7月17日。アンテナの除雪作業!


 かなりの重労働です……(^^)


 海氷に目を向けると、日が暮れる前に、野外調査隊が帰ってきました。


 除雪作業の途中。気が付いたらもう夕方。


 この時期は日が暮れるのが早いのです。まだ15:30頃。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!