御無沙汰しましたフジタです。

「お婆ちゃんが死なない!」と言い放った後、放置状態だったこの日記。その後、祖母も安らかに逝き、無事(っつーか何というか)四十九日も初盆も終わりました。

 そんなわけで、ようやく落ち着き、久々に日記を再開することとなった次第でございます。で! ついてはこの休止期間に何があったのかを書きやがれ! という当然のリクエストが編集部からあったのですが。祖母の死とそれに関する諸々の事は未だ客観視することが難しいので、ワタクシに関する報告から始めようかと。

 突然ですが、私、結婚し……てません。いやすみません、ちょっと言ってみたかっただけです。ではなく! えーと、痩せました!

 ふと気が付けば6月頭から-9kg。自分的には20年以上見ていない現体重。と、ゆーても、デブが小デブになったレベルなわけですが、鏡に映る自分が見慣れない、という戸惑いの日々。

 しかし、自分的には「痩せた」ものの、世の中的にはまさに「そこからがダイエットだろう!」というレベルであることも実感しているわけです。

 だってさー(いきなりくだける)、体重9kg減っても体脂肪はまだ30%あるって、どうなの? 有酸素運動も筋トレもやってる(このワタシが!)のに、餅化した腹! タルタルの二の腕! 肉割れした太もも! どうすりゃいいのよ、この体!!

 思うに、持病があるわけでもない、私のように単に怠惰で太った人が肥満体型から標準体型になるのは、簡単なんですよ(どの口が言う?)。

 その気になれば「我慢」の範疇でどうにかなる。でも、そこから自分で納得のいく体型になり、それをキープするのは何十倍も大変。「努力」の世界なわけですよ、たぶん(未知の世界だけど、想像はつくようになった)。

 そんなわけで、今後は徐々にその「努力」(できるのか?)を通常モードの日記に交えて記して行こうと思うのですが、まず暫くは、この3ヶ月の過程を駈け足で報告したいと思います。普通体型や美容体型の人には興味の持ちようもない話かと思われますが、生暖かい目で見守って頂ければ幸いです。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)