毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.09.07

夏の終わりのTシャツ祭り!

中西 哲生

夏の終わりのTシャツ祭り!

 誕生日を目前に控えて、複雑な心境を味わっています。
大分では素敵な写真がたくさん撮れました。
きれいな海と、温泉と、ピンピンに新鮮な魚。
買い物は、夏の終わりのTシャツ祭りです。

 

いきなりですが明日、誕生日です(笑)。45歳。ビミョーに、50歳に傾きつつある自分に気づく。ボクが50歳の時には東京オリンピックがある。そう考えると、そう遠くない未来だと感じる。そこまでにあれはやっておかないと、これは達成できてるとうれしいなとか、色々考える。と同時に、今日はこれを、明日はこれを、とも考える。なんなんだろうね、この感覚。毎日やることはあるし、いついつまでにやっておきたいこともある。生きてるんだけど、生きてるんだけど、生かされてることをしっかり感じられていない現状。日々全力ではあるし、先々を見つめていこうという気持ちもある。ただ、このままで良いのかという気持ちもある。うーん、不思議な気持ちだ。

ということで、複雑な気持ちの45歳前日(←なんじゃそりゃ)。

 

 今回は大分の模様を中心にお送りします。なぜなら、ものすごく素敵な画像がいっぱい撮れたから。これは大分空港着いた直後。あまりに暑かったので空に向けて撮った一枚。こんな夏空、好きです。

 


大分空港に着いて、まず向かったのは別府温泉。今回はクロノスの大分からの生放送と『みんなのMAEMUKI駅伝』のタスキを繋ぐため、ここまでやってきました。大分と言えば温泉。やっぱり取材はしておかないと、ということで、こちら竹瓦温泉。建物もかなり古くて、歴史も風情もたっぷり。お湯は43度で熱めだったんですが、いいお湯でした。入湯料なんと、100円(!)。ちなみに、この画像は金曜ADの佐々木くんが撮ったものです。

 


では、駅伝スタート。今回は6キロほどの行程。暑い大分で、熱い温泉に入ってからのスタート。順番が違うような気もするが……(笑)。後半はまたもや上り坂。駅伝も人生もいつも上り坂。がんばります。

 


無事に30分ほどでゴールし、すぐに移動。鬼過ぎる。汗腺が開いていて、汗が止まらん。普通は走ってから温泉じゃん(←間違いない)。しかし取材の都合で、大急ぎで佐賀関に向かう。海沿いを走ったんですが、景色が最高過ぎます。この夕日に癒やされました。

 

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!