毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.09.03

幻冬舎plus×リブロ池袋本店presents

10月6日(月)東浩紀さんトークイベント

10月6日(月)東浩紀さんトークイベント

自由な観光客であれ、そして、観光客を無視する村人であれ
~デビューから『弱いつながり』まで、東浩紀は何を守り、何を捨てたか~

弱いつながり 検索ワードを探す旅』(幻冬舎)が好評の東浩紀。本書は、SNS時代の人生論であり、旅本であり、同時に、東のこれまでの思想の本質を語っている本でもある。そこで、今回、本書が提示する、「観光客」「村人」「旅人」的生き方、哲学を掘り下げながら、デビューから『弱いつながり』に至るまでの東の思考と行動の軌跡に迫る。

トークイベント参加ご希望の方はリブロ池袋本店リファレンスカウンターにて参加チケットをお求め下さい。


日時:10月6日(月)午後7時~9時
会場:西武池袋本店 別館8階
 池袋コミュニティ・カレッジ コミカレホール
参加チケット:1,000円(税込)
チケット販売場所:西武池袋本店 書籍館
 地下1階リブロリファレンスカウンター
お問合せ:リブロ池袋本店 03-5949-2910

 

東浩紀(あずま・ひろき)
1971年東京都生まれ。作家、思想家。株式会社ゲンロン代表取締役。『思想地図β』編集長。東京大学教養学部教養学科卒、同大学院総合文化研究科博士課程修了。1993年「ソルジェニーツィン試論」で批評家としてデビュー。1999年『存在論的、郵便的』(新潮社)で第21回サントリー学芸賞、2010年『クォンタム・ファミリーズ』(河出文庫)で第23回三島由紀夫賞を受賞。他の著書に『動物化するポストモダン』『ゲーム的リアリズムの誕生』(以上、講談社現代新書)、『一般意志2.0』(講談社)、「東浩紀アーカイブス」シリーズ(河出文庫)、『クリュセの魚』(河出書房新社)、『セカイからもっと近くに』(東京創元社)など多数。また、自らが発行人となって『チェルノブイリ・ダークツーリズム・ガイド』『福島第一原発観光地化計画』(ゲンロン)も刊行。

聞き手 石戸諭(いしど・さとる)
1984年、東京都生まれ。毎日新聞デジタル報道センター記者。主な取材はとしてインターネットを使った選挙運動が解禁された13年参院選をデータから迫った「毎日新聞×立命館大・西田亮介特別招聘准教授 共同研究プロジェクト」、震災・原発事故後の福島県を舞台に作品を描いた漫画家たちの連続インタビュー「福島をどう描くか―原発事故と漫画」などがある。 

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!