毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2014.08.30

第13回

そしてまた、新たな別れが訪れました

竪谷 博

そしてまた、新たな別れが訪れました


 こんにちは。第55次日本南極地域観測隊・調理隊員のタテヤです。
 前回は昭和基地における1年で最大のイベント、ミッドウインター祭(MWF)の様子をお届けしました。盛り上がりの様子は伝わったでしょうか?
 さて今回は、MWFも終わった、極夜期後半の南極生活をご紹介します。

 まずはこちらから!

  MWFの最後を飾った、あの、気になるコースのメニューです。
 

 6月23日。で、MWFが終わったら、あっさりとつめた~い素麺なんかがいいですね。氷山見ながら食べてます(笑)。


 

 

 こちらは、MWFで活躍した露天風呂の撤去作業の様子です。楽しいことは、あっという間に過ぎていくもの。名残惜しいですが、後片づけをしなくてはなりません。どこのお祭りも一緒ですね。一人ひとりの心に残る、究極の露天風呂になりました。


 さて次は、太陽が昇らない6月下旬のある1日。11:00頃。


12:00頃。


 14:00頃。


 16:00頃には完全に夜! 煌々(こうこう)と輝いているのは月です。極夜期でも、地平線の向こうにある太陽の光によって、薄明るくなる時間はありますが、それも11:00頃~14:00頃のほんの数時間です。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!