こんにちは。第55次日本南極地域観測隊・調理隊員のタテヤです。
 前回は昭和基地における1年で最大のイベント、ミッドウインター祭(MWF)の様子をお届けしました。盛り上がりの様子は伝わったでしょうか?
 さて今回は、MWFも終わった、極夜期後半の南極生活をご紹介します。

 まずはこちらから!

  MWFの最後を飾った、あの、気になるコースのメニューです。
 

 6月23日。で、MWFが終わったら、あっさりとつめた~い素麺なんかがいいですね。氷山見ながら食べてます(笑)。


 

 

 こちらは、MWFで活躍した露天風呂の撤去作業の様子です。楽しいことは、あっという間に過ぎていくもの。名残惜しいですが、後片づけをしなくてはなりません。どこのお祭りも一緒ですね。一人ひとりの心に残る、究極の露天風呂になりました。


 さて次は、太陽が昇らない6月下旬のある1日。11:00頃。


12:00頃。


 14:00頃。


 16:00頃には完全に夜! 煌々(こうこう)と輝いているのは月です。極夜期でも、地平線の向こうにある太陽の光によって、薄明るくなる時間はありますが、それも11:00頃~14:00頃のほんの数時間です。

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定