いやはや半ば予想していたこととはいえ、いきなり木村さんに全否定を食らいましたね、たはは……。まー今回始めてみたこのシリーズ、飲み屋で赤ら顔のおっさんが傍目を気にせず上機嫌で自説を垂れ流すスタンス――あるいは文体で統一したいと思っているわけです。それを早めにご理解いただきたく、敢えて選んだのが、このところ世界的にチョー旗色の悪い、この喫煙ネタ。うんうんオレは間違っていない……計算通りだ……よしこのまま独善で突っ走るぞ!!

 とにかくねえ、オレは十代からタバコをスパスパ吸い続けて、現に48歳までピンピンに生きて来たわけですよ。大病なんてしたことない。一応五体満足なガキも生んだ。それをもってして「健やかなまま、すでにほぼ天寿を全うしたようなものです、神様ありがとう!」と本人が思ってんだから、なんも問題ないでしょ。50近くになってまで「まだ人生やり残したことがある」なんて、トロトロ生きてきた怠慢野郎の言い草。オレなんかもうすっかり「気分は余生」ですからね。どうせ肺癌か喉頭癌あたりで死ぬだろうけれど、「Born to飲酒&喫煙」な我が人生に悔いなしですわ、はっはっは――。
 とはいえ「喫煙の是非」は今回の主題ではないので、ここに長居はせず先に進みましょう。主題は「taspoなんていうややこしいテクノロジー使ってまで、未成年者の喫煙を必死になって防止する意味が本当にあったのか?」ということです。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

この連載の人気シリーズ「『色ざんげ』が書けなくて」が待望の電子書籍化!
→電子書籍の詳細・予約・購入はこちら(Amazon)


会田誠『美しすぎる少女の乳房はなぜ大理石でできていないのか』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


会田誠『カリコリせんとや生まれけむ』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)