毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2008.03.01

雨宮塔子の食事日記3

雨宮 塔子

雨宮塔子の食事日記3

1月29日

 毎月エッセイを連載している『ドマーニ』の撮影で、久しぶりに会ったカメラマンの篠さん、ヘアメイクのマナさんと共に、撮影後、現場近くのカフェでパナシェを飲む。パナシェをオーダーする時、いつもさるフランス語のテキストのことを思い出してしまう。渡仏前、独学で勉強していたそのテキストに、日本人の女の子がパリで出会った男の子と一緒にカフェに入るシーンがある。メニューを見て、ギャルソンにパナシェを注文する彼に、その女の子は“Qu’est-ce que c’est?”(それ、なあに?)と尋ねるのだ。

 たしかテキストの終わりの方で、その二人は入籍したのだった。パリを舞台にしているからか、思い返すと、やけに色っぽいテキストだったなぁ。篠さん、マナさんと向き合いつつ、自分の世界に入りかけた時、ビールをレモネードで割ったその飲みもの、パナシェが届く。つまみはポテトフリット。こんなジャンキーな組み合わせを前に、気のおけない友人たちとしゃべっている夕ぐれの時間は、パリで見つけた、幸せな一時のひとつだ。

 カフェで篠さんから手羽先のレシピを聞く。パリの周りの友人たちは、みんな料理が上手で、中でも味覚の好みや、食い意地の張り方が似ている篠さんとは、よく食べたものや作った料理の話で盛り上がるのだけれど、今回のは、篠さんにしてみたら一見濃い目のレシピだ。にんにくの香りを移したごま油で、手羽先の両面をきつね色になるまで炒めたら、コーラと八角とお醤油で煮るというもの。豚肉をオレンジジュースと白ワイン、あるいは赤ワインやビールで煮たことはあるけど、鶏肉をコーラで煮るというのが斬新に感じた。八角の風味をつける台湾風の煮込みは好みの味なので、さっそく試してみることにした。
 出来上がったものは、思ったよりさっぱりしていて、お酒のつまみにもよさそう。手羽先というと塩、こしょうして、オーブンに入れ、焼き上がったらレモン汁をかけてかぶりつく、というワンパターンだったから、新たな定番ができて嬉しい。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)


電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!