毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2008.03.15

雨宮塔子の食事日記4

雨宮 塔子

雨宮塔子の食事日記4

2月14日

 今まで8回は迎えたはずなのに、一度も記憶にないとはどうしたことだろう。
 原稿を書きに来たカフェ、「PAUL」で茫然と思いを巡らす。今日はバレンタインデーだったことを忘れていた。店内に一歩足を踏み入れたとたん、目に飛び込んできた赤いハートのモチーフに、その意味を悟るまで、多少時間がかかってしまった。それにしても、天井の端から端まで吊るされたハートの短冊かざりや、シャンデリアのひとつひとつに掛けられた巨大ハートといったわかりやすいデコを目にしたのは渡仏10年目にして、初めてだった。
 彼が日本に帰国してから、1カ月近く経つ。先日、友人のパスカルからその理由を尋ねられたので、「日本のバレンタインデーは、ここより商業的だからね」と答えると「?」という顔をしている。
「日本では、“義理チョコ”といって、たとえば会社の上司や同僚にもショコラを渡す人が多いんだよ」と話すと、
「なにそれ? 恋人以外にも渡すの?」と目を白黒させ、私が、
「もちろん恋人とその他の人とでは、チョコにかける値段やエネルギーは変えるけどね」と補足すると、妙に納得してにやにやしていた。
 パリのバレンタインデーは、ひっそりとやってくる。恋人同士や夫婦が贈り物をし合う日なので、女性から男性へといった一方通行でもなく、贈り物がショコラやお菓子と決まっているわけでもない。だから、“ホワイトデー”もないし、お菓子屋さんの“大奮闘”もない。誕生日や何かの記念日といった、もっと個人的な日のニュアンスに近いから、ひっそりと感じるのかもしれない。
 だから、「PAUL」の商業的なデコにはびっくりした。観光客の多い、チェーン店タイプのカフェだからだろうか?
 それにしても、パリでそのひっそりとロマンチックなバレンタインデーを満喫したことがないのはちと寂しい。いや、日本でもか!? それはこれまでイベントにまめな人とつき合ったことがないのと、なにより自分がことさらそういう日に合わせて会うことを、どこか無粋なことと感じてしまう性分なところが大きい。
 今頃、彼は日本で頑張っているんだろうけれど、パリのさとちゃん(彼の仕事のパートナー)はそう遅くならずに帰宅するんだろうな。バレンタインデーとはまったく関係ないけれど、さとちゃんの夜食には、冷凍庫にある銀ダラの粕漬けを使って、以前作って誉めてもらった香港風チャーハンを作ろう。

香港風チャーハン

1. 魚の粕漬けを焼き、骨をはずしながらほぐす。
2. 中華鍋を熱し、油を鍋肌になじませ、卵を半熟に炒めたら、小皿などにとり出しておく。
3. その中華鍋に油を足し、みじん切りにしておいた長ねぎを炒め、香りが出てきたら魚のほぐし身を入れて炒める。さらにごはん(ふつうのごはんよりインディカ米が合う)を加えて炒め、パラパラになったら卵を戻し入れ、さらによく炒める。塩、こしょう、酒、だし醤油で調味する。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)


電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!