毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.08.07

「私たちは、『男と女の違い』をもっと知るべきじゃなかろうか」

第2回 ネットは“第2の建前”を増やしただけだった

ジェーン・スー/東 浩紀

第2回 ネットは“第2の建前”を増やしただけだった

「人生は“うっかり”と“あきらめ”の連続」だから、「計算してもしょうがない」という意見の一致を見た第1回から、次第に話題はネット論へ。いつのまにかネットは、“持てる者”は“持たざる者”を気遣いすぎる世界になってしまったようです。
(構成:福田フクスケ 撮影:牧野智晃)


ネットは階層を固定化する道具

ジェーン 私は東京生まれ東京育ちなんですが、以前ブログで、東京に幻想を抱いてやってくる地方出身者に対する複雑な感情を書いたら、「地方出身者を疎ましく思うなんて何事だ」という罵詈雑言を、はてなのブコメなどで多数見るハメになりました(笑)。一方で、同じ東京出身者からは、「実は私もそう思ってました」という感想をDMでこっそりもらって、そのとき初めて、これってそんなにアンタッチャブルな話題だったのか、と気付きました(笑)。ネットでは、階層社会の中で“持たざる者”とされる人たちの声はいつだって正義とされて、“持てる者”と判断された人たちは、どんなに全方位に気を遣っても、“不用意な発言”と受け取られて叩かれてしまう。この状況は、正直言ってやっかいだな、と。

対談内で話題になった「地方出身者への複雑な感情」は本書内にも収録されている

 今、ネットでは基本的に、弱者や被害者の立場を取らないと何を言ってもカドが立つし、クリーンで優等生的なことを言わないと叩かれる。その結果、本当の声はネットに上がらなくなってきてしまいました。かつては、世間やマスコミの言うことは“建前”で、ネットに書かれていることが“本音”だったんですが、今は新しく“ネット用の建前”というのができただけなんです。たとえば子供たちの間では、学校での自分と、LINEグループでの自分という2つの建前を使い分けて、それとは別に本音の自分がいるという構造ができた。単に世界が複雑になっただけで、そのぶん時間を取られるからそんなのやめたほうがいいんですよ。

ジェーン リアルな社会でも同じですよね。2人の子供を公立と私立に通わせているお母さんが、それぞれの親御さんたちの前で顔を使い分けているのと同じで、そのチャネルがネットによって増えただけ。

 まったくその通りです。だから、ネットの出現で社会は全然変わっていないんです。ネットでは、ブラック企業批判がわーっと盛り上がりましたが、それによって実際のブラック企業がなくなるかといったら、なくならない。ネットとは別の場所で「あんなの、今どきの若者がたるんでいるだけだ」というのが本音の人たちがたくさんいるからです。ネットは、ブラック企業批判をして盛り上がれる“遊び場”をひとつ生み出しただけ。それ以外、状況は何も変わっていません。

本書のなかで、「ネットは階層や所属先を固定化して、“強い絆”をさらに強める」理由が述べている

ジェーン 東さんが新刊の中で、「ネットは階層や所属先を固定化して、“強い絆”をさらに強めるためのメディアだ」と書かれていたのが印象的でした。たくさんの価値観や情報に触れて、多様性を獲得できるのがネットだったはずなのに、逆に、自分に見えている世界だけをますます強化する方向に進んでしまっている、というのが皮肉ですね。

 ネットに出回っている画像で、80年代の就活生と、現在の就活生を比べたものがあるんですが、昔のほうが髪型も服装もバラバラなんですよね。今は、みんな工場で大量生産されたように同じ格好をしていて、異常な光景に見える。ネットが、同調圧力をむしろ強化するためのツールになってしまっているわけです。

ジェーン 就活生の格好がみんな同じなのは、もはやゲン担ぎに近いですよね。そうしなきゃいけない明確な根拠は誰も知らないけど、「左から靴下履けば受かる」って言われたら、そうしておかないと不安になる。ネットで情報がシェアされるようになって、かえって個人が考えたり発言したりする力が弱くなってしまったような気がします。同調圧力の他にネットがもたらした弊害として、“理由なき自主規制”も増えましたよね。たとえば東京都議会のセクハラやじ問題では、何がいけなかったのか、女性はどこに傷付いたのかという議論が深まらないままに、結局「叩かれたから謝ろう」「やばいからやめておこう」という自主規制のムードだけが周知されてしまった印象があります。

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

ジェーン・スー著『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』

試し読み・電子書籍はこちら

購入はこちら(Amazon)


東浩紀著『弱いつながり』

試し読み・子書籍はこちら

購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!