毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.07.30

第11回

極夜の祭典・ミッドウインター祭

竪谷 博

極夜の祭典・ミッドウインター祭

 みなさま、こんにちは。第55次日本南極地域観測隊調理隊員のタテヤです。今回はいよいよ、極夜に入ってからの南極生活をご紹介します。

 昭和基地では、極夜といっても、24時間星が見えるほどずっと真っ暗なわけではありません。薄明るくなる時間も数時間あるのですよ。

 6月3日。午前9:30ごろ。まだライトがないと暗くて危険です。


 午前11:00ごろ。この時間になればライトがなくても大丈夫(^^)。でも14:00ごろには暗くなってきます。


 6月4日16:00。かまくら掘りに参加!


 極夜の祭典・ミッドウインター祭に向けて大きなかまくらを掘っているところです!


 ミッドウインター祭とは、南極で観測している世界中の基地が、太陽の昇らない極夜期を一斉に祝い、明るく楽しく乗り切っていこう!という国際的なお祭りです。


 今日の作業はこの辺で終了~!


 すべて手掘り作業なので気温が-20℃以下でも汗だくになります。


 この日一緒に掘ったメンバーと記念撮影。このころは毎日筋肉痛でした……(^^)

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!