みなさま、こんにちは。第55次日本南極地域観測隊調理隊員のタテヤです。今回はいよいよ、極夜に入ってからの南極生活をご紹介します。

 昭和基地では、極夜といっても、24時間星が見えるほどずっと真っ暗なわけではありません。薄明るくなる時間も数時間あるのですよ。

 6月3日。午前9:30ごろ。まだライトがないと暗くて危険です。


 午前11:00ごろ。この時間になればライトがなくても大丈夫(^^)。でも14:00ごろには暗くなってきます。


 6月4日16:00。かまくら掘りに参加!


 極夜の祭典・ミッドウインター祭に向けて大きなかまくらを掘っているところです!


 ミッドウインター祭とは、南極で観測している世界中の基地が、太陽の昇らない極夜期を一斉に祝い、明るく楽しく乗り切っていこう!という国際的なお祭りです。


 今日の作業はこの辺で終了~!


 すべて手掘り作業なので気温が-20℃以下でも汗だくになります。


 この日一緒に掘ったメンバーと記念撮影。このころは毎日筋肉痛でした……(^^)

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定