毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2014.08.01

香山リカ×湯浅誠対談 国論が二分される時代をどう生きるか

第2回
リベラルはなぜ力を失ったのか

香山 リカ/湯浅 誠

第2回<br />リベラルはなぜ力を失ったのか


「ソーシャル」とは「誰かの役に立つ」こと


湯浅 法政大学で教え始めたり、雑誌の『文藝春秋』で「この国を救う『新しい日本人』」という連載を始めて、今のキーワードは「ソーシャル」だと、強く思うようになりました。「社会問題の」とか、私みたいな「社会活動家」然としてる、と訳しちゃうとちょっと違って、「ソーシャル」って、「誰かの役に立つ」ぐらいの意味なんですよね。若い人たちには、それがとてもフロンティア感があって、しっくり来る。
 今は誰かの役に立っているという実感が持ちにくい時代でしょ? だからこそ若い人たちの間では、誰かの役に立ちたいという感覚が非常に強い。
どんなに儲かるよと言われても、死ぬほど働くのは嫌だ。だけど、食えないのは困る。そんなに儲からなくていいから、食えて、誰かの役に立つ仕事がしたい。若者のそういう気持ちに寄り添って働きかけていくことで、香山さんがこの本で書いているようなことを、復権させていけないかなと思いますね。

香山 誰かの役に立つというのは、職業として、ということ?

湯浅 職業である必要はないと思います。本人は何らかの手段で食えないといけないけど、ある程度の収入さえ確保できれば、ボランティアとしてやってもいい。それで食えるんだったら、もちろんビジネスとしてやってもいい。その形態には、あまりこだわっている感じがしません。
 ソーシャル一本で食っていくというのは、さすがにまだ多くはないですが、それでもかつてに比べれば、NPOとか社会的起業はずいぶん広まりましたよね。

香山 そのときに「ソーシャル」として想定している対象が、限定されているということはないですか。まちづくりとか、子育て支援とかは一生懸命やるけれど、マイノリティや差別の問題には関心がないとか。

湯浅 限定するつもりはなくても、事実上限定されてしまうことはあるでしょうね。排除している意識はないけれど、対象としてカウントしていないみたいな。そういう面はあると思うので、文春の連載は、福祉的なことと「まちづくり」の接点というか、福祉と「まちづくり」はつながっているということを強調するベクトルでやっています。

香山 だったら、そんなに憂うことはない?

湯浅 私は希望を見出しています。

香山 でも中国や韓国に対する今の状況を見ていると、「若い人たちはソーシャルなものに関心があるから大丈夫」とは、全然思えない。それこそ今は、中韓を叩く本じゃなきゃ売れない、みたいになっているでしょ?
 たとえば社会的な活動とか護憲運動をやってる若者なのに、ちょっと話すと、「やっぱり韓国は許せない」なんて言う人がたまにいる。中国はまだしも韓国を叩くのは、「弱いくせに何言ってるんだ」という心理ですよね。それはソーシャルを志すことと矛盾しないんだろうか。「リベラルだったら、憲法は護憲、死刑は反対」みたいなイメージを持っている、こちらが古いとは思うんだけど。

湯浅 香山さんが無理して「大丈夫」と思う必要はないと思います。香山さんは香山さんのスタンスでやるしかない。
 私自身は、日本の社会で、貧困や格差の問題が無視、あるいは軽視されているということをすっと指摘してきたんだけど、この2、3年、それを責任追及型の告発トーンでやることの限界を感じるようになった。だから今はポジティブな芽を拾い上げることに注力しています。
 もちろん自分のやり方を他人に押しつけるつもりはありません。社会全体としては多様なベクトルからものを言ったほうがいいので、憂う人も必要だと思う。

★がついた記事は無料会員限定

書籍はこちら

電子書籍はこちら

 

 

 

 

 

書籍はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!